Switch news

知っておきたい世界のニュース

コロナワクチン接種後に体が磁石化したという男性の動画が話題に

コロナワクチン接種後に体が磁石化したという男性の動画が話題に
YouTube/Khabardar24x7

発熱、吐き気、頭痛など、新型コロナウイルスワクチンの副反応として、いくつかの症状が知られている。ところが最近、そのどれにも当てはまらない、奇想天外な症状が出たと主張する男性が現れた。真偽は不明だが、体が金属を吸い付けるようになったというのだ。

 

2度目の接種後に、と主張するインド人男性

 

海外メディアが報じるところによると、その男性はインド・マハーラーシュトラ州ナーシク市に住むArvind Sonarさん(71才)。アストラゼネカ製ワクチンの2回目の接種を受けた後、体に金属がくっつくようになったと言っているらしい。

 

彼の息子、Jayantさんによれば、首都デリーのある男性が同じようになっている動画を見て、父親のArvindさんにも試してみたそうだ。すると「スプーンや皿、コインなどが体に張りついた」という。最初、家族は汗で張りついたのだろうと思い、Arvindさんを入浴させたが、汗を流した後も結果は同じだったとメディアに話している。

 

下にあるのは、彼らが公開した2つの動画、SNSで拡散されているものだ。コインやスプーンなどが、特に押し付けたわけではないのに、Arvindさんの肌の上にとどまっている様子が分かる。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bol Bhidu(@bolbhidu)がシェアした投稿

フェイクか本物か?

 

海外メディアによれば、ナーシク市の保健当局から派遣された医師がArvindさんの家を訪れ、すでに大雑把な調査をしたらしい。だが、事の真偽については言及せず、次のように述べている。

 

「これがワクチン接種後に起こったことであるとは、確認できていない。何らかの結論を出すには詳しい調査が必要だ。今はとりあえず報告書を政府に提出し、その後、何らかの調査をすべきかどうかを見極めたい」

 

当然とも言えるが、動画がフェイクだという意見はあちこちから出ている。例えば、非科学的な迷信の撲滅を目指すインドの団体「Maharashtra Andhashraddha Nirmoolan Samiti」は、「これは手品師が使うトリックと同様のものかも知れず」「許可があれば我々が事実かどうかをチェックしたい」という声明を発表している。

 

一方、Jayantさんは、金属の付着がワクチン接種のせいだとは考えておらず、メディアに対してもそのようには語っていないという。またSonar氏さんも動画を撮影した理由について、「なぜこのようなことが起きているのか、その理由を知りたかっただけだ」と述べている。(了)

 

出典元:ZeeNews:Is COVID vaccine turning you magnetic? Man makes bizarre claim. Check here to know the truth!(6/11)

出典元:TimesNowNews.com:Nashik man claims he got magnetic powers after taking second dose of COVID-19 vaccine – Watch Viral Video(6/11)

出典元:PuneMirror:‘Claim of magnetism due to COVID vaccine false’(6/11)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top