Switch news

知っておきたい世界のニュース

K-popで踊るアジア人ダンサーが、「マスク着用」と「共産主義」でハラスメントを受ける【アメリカ】

K-popで踊るアジア人ダンサーが、「マスク着用」と「共産主義」でハラスメントを受ける【アメリカ】
TikTok/celenana_na

アメリカ・ボストン市の中心街でダンスビデオを撮影していた女性グループが、マスクをしていることを理由に、通りがかりの男性から嫌がらせを受けた。

 

その男性から掴みかかられそうになったメンバーの1人が、咄嗟にスマートフォンで撮影。一人称視点の動画がTikTokにアップされ、300万回以上視聴されている。

 

「最初は冗談かと思った」

 

そのダンスグループは、ボストン市とロサンゼルス市を中心に活動している「HUSH CREW」という名のグループ。K-popの曲で踊るのが特徴で、メンバーはほぼアジア人女性だと報じられている。

 

動画に写っているのは、彼女らのダンスシーンと、問題の男性が撮影者に対して暴力的になっているシーン。映像中のキャプションには「公共の場でK-popダンスをしていると、アジア人だからという理由で攻撃される」と書かれている。

 

@celenana_nawe have the right to wear masks like how he has the right to be ugly tf ##stayc ##stereotype ##kpopinpublic ##harrassed ##asian ##covid ##kpop ##kpopfyp♬ stereotype x dalla dalla – .

 

動画には映っていないが、男性が暴力的になるまでの経緯に少し妙なところがあったそうだ。撮影した女性が、別のTikTok動画の中でこう説明している。

 

「(ダンスシーンの)撮影の合間には沢山の人が近づいて来て、私たちは誰なのか? 何の撮影なのか? と質問されるので、私たちの何人かはマスクをしていました。その男性が近寄って来た時、特に気に留めませんでしたが、彼は『君たちはどうしてマスクをしている?』と言うのです。最初は冗談かと思いました。それで適当に話を合わせていると、そのうち彼は、共産主義がどうしたこうしたと言い出しました。その時になって私たちは気がついたんです。この人は人種差別主義者で、それで私たちを非難していたのです。私たちがアジア人で、マスクを着けていたからです」

 

彼があまりに近づくので、彼女は身の安全を守るため、スマートフォンで撮影を始めた。動画に映っているのは、彼がそのスマートフォンを叩き落とそうとするところだ。

 

「その場にはマスクをした人が他にも大勢いました。けれど、どういうわけか、彼はマスクと共産主義のことで私たちに近づいて来たのです」と彼女はメディアに話している。

 

止めに入ったのは元市議会議員候補

 

動画の最後に映っているとおり、通りがかりの男性が2人の間に入ったので、事はエスカレートせずに済んだ。

 

これは余談だが、メディアによれば、間に入った男性は元市議会議員候補で、労働組合の組織者としてもよく知られたBrandon Bowserという人物だそう。彼はこの件について、「味方になるということは、必要なときに出て行き、そうでないときに退がっていることだ」とツイートしている。(了)

 

出典元:Boston.com:TikTok dancers harassed at Downtown Crossing for wearing masks(10/13)

出典元:New York Post:Boston K-pop dancers claim man harassed them over ‘communism,’ face masks(10/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top