Switch news

知っておきたい世界のニュース

イギリス王立造幣局が最新技術でスマホから金銀を回収

イギリス王立造幣局が最新技術でスマホから金銀を回収
THE ROYAL MINT

イギリス王立造幣局は、カナダのスタートアップ企業「Excir」が開発した新技術を使って、廃棄されたスマホやノートパソコンの回路基盤から金、銀などの貴金属を回収し、再利用する予定だ。

 

化学薬品が、回路基板から貴金属だけを溶かし出す

 

Excir社が開発した新技術は、回路基板から99%の貴金属を回収できるという。

 

具体的な方法はというと、スマホやノートパソコンから取り出した回路基板に特殊な処理を施してから、特別に調合した化学薬品(これは企業秘密になっている)に数分間浸す。すると、その薬品が目的の貴金属だけを溶かし出すというのだ。その後は、薬品に含まれた金属を硬化(析出)させ、インゴットなどに成形する。

 

王立造幣局によれば、これまでのテストで純度999.9(=99.99%)の金を得られたとのこと。また、同様の方法を応用すれば、金以外にも、銀、銅、パラジウムを回収できるそうだ。

 

 

「この技術に秘められた可能性は計り知れません。電気電子機器の廃棄物が環境に及ぼす影響を軽減します。貴重な金属を維持·保存します。さらに、循環型経済の発展を促す新しい技術も、ここから生まれてくるのです」と、王立造幣局のAnne Jessopp長官は言う。

 

6兆5000億円分の貴金属が廃棄されている

 

イギリスメディアによれば、世界中で毎年廃棄される電気電子機器は、5000万トンにものぼるそう。その量は増え続けており、このまま行けば、2030年には年間7400万トンになると予想されている。

 

こうした電気電子機器のうち、リサイクルされているのはわずか20%。計算すると、約570億ドル(約6兆5000億円)分の貴金属が捨てられていることになるそう。

 

専門家は、現在地上にある金の総量のうち、7%程度が廃棄された電気電子機器の中にあると見積もっている。1トンの電気電子機器には、1トンの金鉱石の100倍の量の金が含まれているとのこと。(了)

 

出典元:MailOnline:Talk about a gold rush! Royal Mint reveals plans to recycle discarded smartphones and laptops to recover gold, silver and precious metals(10/20)

出典元:The Royal Mint:Turning electronic waste into gold: The Royal Mint brings world first sustainable precious metal technology to the UK

出典元:EXCIR

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top