Switch news

知っておきたい世界のニュース

『ブラックパンサー』の監督、銀行から預金を引き出そうとし、強盗容疑で逮捕される

『ブラックパンサー』の監督、銀行から預金を引き出そうとし、強盗容疑で逮捕される
Twitter/VideoMixtape.com

映画『ブラックパンサー』の監督を務めた黒人男性が、警察に誤って逮捕されたのをご存じだろうか?

 

140万円を引き出そうとしていた

 

その黒人男性とは、ライアン・クーグラーさん(35)。彼は大ヒットした映画『ブラックパンサー』の監督だ。

 

彼は今年の1月、ジョージア州の街、アトランタにある銀行「バンク・オブ・アメリカ」で、自分の口座から1万2000ドル(約140万円)の預金を引き出そうとしていたという。

 

しかしその後、銀行に警察が到着。クーグラーさんは手錠を掛けられ、銀行の外へ連れ出されて、一時的に強盗容疑で拘束された。

 

 

ただその後、クーグラーさんは警察に説明して誤解を解き、身分を証明し、その場で解放されたそうだ。

 

スポンサーリンク

黒人女性の窓口係が上司に通報

 

警察の報告書によれば、クーグラーさんは新型コロナのためにマスクをし、サングラスと帽子を着用して銀行を訪れたという。

 

そして銀行の窓口係に、引き出し伝票と共に、預金口座から1万2000ドル(約140万円)を下ろしたいと書かれたメモを手渡し、身分証明書も見せたそうだ。またメモには「慎重を期すため」「お金を他の場所で数えて欲しい」とも書かれていたとか。

 

しかしこの預金引き出しは1万ドル(約110万円)以上だったため自動通報され、黒人女性の窓口係は強盗の疑いがあると上司に伝えたという。その黒人の窓口係は、当時妊娠しており、身の安全を心配したと語っている。

 

またクーグラーさんは警察に対して、このような大金を引き出したのは、家族のために働いてくれている医療補助者に支払うためだったと説明したそうだ。

 

「バンク・オブ・アメリカ」の広報担当者は、メディアのインタビューで「このようなことはあってはならない」とし、クーグラーさんに謝罪したという。

 

クーグラーさんも、その後の銀行の対処が満足いくものだったと認め、今では「前を向いている」と語っている。(了)

 

出典元:BBC:Black Panther Ryan Coogler director mistaken for bank robber(3/11)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top