Switch news

知っておきたい世界のニュース

【ロシア】マクドナルドと入れ替わる、怪しいロゴのバーガーチェーンが登場

【ロシア】マクドナルドと入れ替わる、怪しいロゴのバーガーチェーンが登場
ФЕДЕРАЛЬНАЯ СЛУЖБА ПО ИНТЕЛЛЕКТУАЛЬНОЙ СОБСТВЕННОСТИ/photo AC

限りなく疑わしいロゴマークのバーガーチェーンが、これからロシアにオープンするようだ。どうやらマクドナルドが撤退するの見越して、その後釜に座ろうとしているらしい。

 

店の名は「ワーニャおじさん」

 

今月8日、マクドナルドは、ロシアによるウクライナへの侵攻を受けて、ロシア国内全ての店舗を一時閉鎖すると発表した。

 

それから4日後の3月12日、どう見てもマクドナルドからのパクリと言わざるを得ない商標(ロゴマーク)が、ロシア特許庁に出願された

 

その店の名は、有名なロシアの作家・チェーホフの作品タイトルと同じ「ワーニャおじさん」。ワーニャ(人名)は、ロシア語綴りでは「Ваня」となり、頭文字の「B」がロゴマークにアレンジされている……というのだが、普通に見れば横向きマクドナルドだ。

 

RUSSIAN FEDERATION/FEDERAL SERVICE FOR INTELLECTUAL PROPERTY

 

ロシアにも当然、商標権というものがある。しかし、英米メディアによると、ロシア当局は友好的でない国の企業から特許権や商標権を剥奪する気なのだそう。ロシアに向けた経済制裁や、外国企業の撤退に対抗する措置としてだ。

 

そうなると、横向きマックのロゴも、ロシア国内では全く問題なくなる。

 

スポンサーリンク

マクドナルド店舗のロゴだけ替えて……

 

プーチン大統領は今月初旬、ロシアで営業を停止する企業の資産を接収する可能性があると言及した

 

その後、ロシア国家院のヴャチェスラフ・ヴォロージン議長はマクドナルドの名を具体的に挙げ、こう発言したと報じられている。

 

「マクドナルドは閉店すると発表した。うん、それなら閉めればいい。その翌日、その場所にマクドナルドはないだろうが、『ワーニャおじさん』がある」

 

政府が接収したマクドナルドの店舗や設備を、ロシアの外食企業がそのまま使って営業し、「従業員はクビにせず、しかも価格を安くする」そうなのだ。

 

現在のところ、マクドナルドは完全に撤退するかどうかを検討しているようだ。ロシア国内の約850店舗が営業停止中だが、その間も6万2000人のロシア人従業員に給料を払い続ける予定だと報じられている。(了)

 

出典元:New York Post:McDonald’s knockoff ‘Uncle Vanya’ unveils nearly identical logo after Russian stores close(3/17)

出典元:Metro:Fast-food chain with suspicious logo to ‘replace McDonald’s in Russia’(3/17)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top