Switch news

知っておきたい世界のニュース

警察が停止させた車が、無人の自動走行車だった【アメリカ】

警察が停止させた車が、無人の自動走行車だった【アメリカ】
Isntagram/b.rad916

アメリカで、無人の自動走行車が警察によって止められる、という珍しい出来事が起きた。

 

ライトを点灯せずに走行

 

その車とは、ゼネラルモーターズ傘下の会社「クルーズ」の車とされている。この会社では、今年の初めから、利用者が夜間に無人の自動走行車に乗れる仕組み(タクシーのようなものか?)を導入したという。

 

しかし先日、カリフォルニア州のサンフランシスコ警察の警察官が、ライトを点灯せずに走行している車を発見。呼び止め、停車させたという。

 

それが「クルーズ」の車で、中には誰もおらず、自動運転中だったそうだ。撮影された映像にも、停車させた警察官が「誰も乗ってないよ」と呟く様子が映っていた。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

B-RadAbroad(@b.rad916)がシェアした投稿

スポンサーリンク

サイレンを識別できるマイクを搭載

 

実は「クルーズ」の車には、警察のサイレンの音を識別できるマイクが搭載されており、その音を検知すると停車するという。

 

実際に、この車も警察車両に道を譲った後、意図した通り、最も近い安全な場所に車を停めたそうだ。

 

 

その後、警察官は「クルーズ」の担当者(エスカレーションチーム)に連絡。問題を解決し、その後は何事も起きなかったという。

 

この「エスカレーションチーム」は、車両のロックを解除したり、車両が安全な静止位置にあることを確認したりするなど、多くの作業を遠隔で行うことができるそうだ。

 

また「クルーズ」側は、今回のライトが点灯していなかったことについては、ヒューマンエラーの結果だと述べている。(了)

 

出典元:BBC:Self-driving car stopped by San Francisco police(4/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top