Switch news

旅行者が『007』の撮影現場に遭遇、新しいボンド・カーを偶然撮影

旅行者が『007』の撮影現場に遭遇、新しいボンド・カーを偶然撮影
Twitter/Drew Smith

現在、『007シリーズ』の新作映画が撮影されているイギリスで、観光客が偶然新しいボンド・カーの姿を撮影した。

 

旅行者が撮影現場に遭遇

 

この車の姿を捉えたのは、バイクで旅行をしていた、ツイッターユーザーの「Drew Smith」さんだ。

 

彼は7月25日、スコットランドの高原に差し掛かった時、25作目となる『007』の撮影現場に出くわしたという。

 

当時、現場ではボンド・カーがヘリコプターに追跡されている様子が撮影されていたそうだ。

 

そこには今回使用されたボンド・カーである、新しいアストン・マーティンの車があった。

 

最高速度320km、値段は約2億円

 

この新しいアストン・マーティンの車は「Valhalla」と呼ばれ、最高時速は320km超、値段は150万ポンド(約2億円)になるという。(1億5000万円との想定も)

 

そして今回、この車が屋外で目撃されるのは初めてで、撮影に使われているシーンが見られたのも初めてだとか。

 

「Valhalla」はまだ実際に販売されておらず、2021年まで購入することはできないそうだ。

 

近未来的でかっこいい車だが、映画の中でどんな追跡シーンが見られるのか、楽しみだ。(了)

 

出典元:MailOnline:James Bond’s new £1.5million 200mph Aston Martin hypercar is spotted in action in the Scottish Highlands(7/27)

Return Top