生きたまま埋められた赤ん坊と発見した女性、20年後に感動の再会を果たす


アメリカで生きたまま埋められていた男の子の赤ん坊。彼が成長し、過去に自分を発見してくれた女性と再会する場面がラジオ番組で放送され、反響を呼んでいる。

 

「20年間もあなたを待っていました」

 

再会を果たした男性、Matthew Whitakerさんは20年前の1998年、生まれてまもなくカリフォルニア州のAltadenaにあるお墓に埋められていたという。

 

その時ジョギングしていた女性、Azita Milanianさんが偶然、彼を発見。その後、警察に連絡し、赤ん坊だったMatthewさんは一命をとりとめたそうだ。

 

そして2人は先日、Ryan Seacrest氏が司会を務めるラジオ番組に出演。事件以降初めて再会し、お互いに抱擁を交わした。Azitaさんは番組において、Matthewさんに次のように語りかけた。

 

「私は20年間もあなたを待っていました。あなたは私が想像していた通りの人です、体の大きさやすべてにおいて。私の人生に現れてくれてありがとう。あなたは私の人生を変えました。私には2人が再び会えることが分かっていました」

 

On Air with Ryan Seacrest

犬が土の中から突き出ている足を発見

 

Azitaさんが赤ん坊を発見した時、Matthewさんはお墓に浅く埋められ、土もかけられ、やっと息ができる状態だったという。

 

彼女はその時、3匹の犬を連れて森の中をジョギングしていたが、突然一匹の犬が土の中から人間の足が突き出ているのを発見。すぐにAzitaさんに吠えて知らせたそうだ。

 

彼女は最初、何かの生き物かと思ったそうだが、お墓を深く覗いてみた時に赤ん坊だと気づき、懸命に両手で土を掘り返したと語っている。

 

その後、Azitaさんは救急車に連絡しようとしたが繋がらず、偶然通りかかった車に事態を説明。そのドライバーが地元の警察に向かったという。

 

Azitaさんはその場に残り、赤ん坊をなだめ、土やほこりを払っていたが、突然赤ん坊が彼女の手首をつかみ、泣き止んだそうだ。その時の気持ちを彼女は次のように語っている。

 

「とても心が動かされました。一体どんなおかしな人間なら、こんなことが出来るのでしょうか。まだ彼にはへその緒がついており、お腹のあたりにぶら下がっていたんです」

 

自分が捨てられていたとは知らなかった

 

その後、赤ん坊は無事一命をとりとめ、やがて他の家に養子として預けられ、育てられたという。無論、彼を生んだ母親についてはわからないまま。

 

またMatthewさん自身も最近になるまで、自分が捨てられていたことは知らされていなかったそうだ。そしてAzitaさんも、その事件以来、彼に会うことはできなかったとしている。

 

実はAzitaさんは数年前に、救われた赤ちゃんに会いたいと願い、保護施設へ向かったが、その時すでにMatthewさんは養子に出されていたため、もはや会うことはできないと説明を受けていたそうだ。

 

「私は、彼がいつか私を見つけてくれるかもしれないと願っていました。そして同じように私もお互いを見つけられると願っていたのです」

 

20年たってやっと再会することができた2人だが、今後は連絡を取り合うことを約束しているという。(了)

 

出典元:boredpanda:Woman Finds Baby Buried Alive While Jogging, Here’s How He Looks 20 Years Later When They Reunite(5/18)

出典元:Los Angeles Times:While out for a jog, she discovered a baby buried alive. Twenty years later, they reunite(5/18)