5年前に亡くなった父から毎年誕生日に届けられた花束…今年が最後という手紙が涙を誘う

  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

あるアメリカ人女性の誕生日に、今年も亡き父から花束のプレゼントが届いた。しかし、5回目となる今回、添えられているメッセージはいつもと少し違っていた。

 

何故なら、父からのプレゼントは、今年が最後となることが書かれていたからだ。

 

生前、誕生日に花束を届ける手配をしていた父親

 

アメリカテネシー州のノックスビルに住むベイリー・セラーズさん(21歳)は今から5年前、彼女が16歳の時、父親を癌で失くした。

 

しかし父親は生前、娘の誕生日に毎年花束が届くよう手配していたのだ。

Twitter/Bailey Sellers

花束に添えられていたメッセージ、そこに書かれていたこととは

 

これまで花束にはメッセージがいつも添えられていた。しかし、今年のメッセージを読んだ時、ベイリーさんは嬉しいと同時に寂しさを感じずにはいられなかった。

 

「父さんは、いつもベイリーのそばにいるよ。どんな時も。辺りを見回して。すぐそこにいるから。」

 

「これが父さんからの最後の手紙だよ。次に会う時までのね。」

 

「愛しい娘よ、僕の為に泣かないでおくれ。父さんは悪くない場所にいるから。」

Twitter/Bailey Sellers

投稿に対し34万人がリツイート

 

「会えなくて寂しいわ、お父さん」ベイリーさんはツイッターにこうコメントをし、父親からの花束とメッセージ、子供の頃の写真を投稿した。

すると彼女のツイッターは反響を呼び、34万人以上からリツイートされる。その中の一人、@thesn0wmexicanさんは、「とても泣けてくるわ。大切なお父さんを亡くされて、お気の毒に。悲しいけど、同時に心温まる話だわ。」とコメント。

 

これに対しベイリーさんは次のように返事をしている。

 

「ええそうよ。これまで毎年誕生日を楽しみにしていたの。だって、お父さんがまだそばにいる感じがしたから。でも、今年が最後と知り、とても悲しいわ。」(了)

Twitter/Bailey Sellers

出典元:BBC:Girl gets final flowers on her 21st from dad who died from cancer five years ago

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  • 2
  •  
  •  
  •  
  •  
  •