Switch news

知っておきたい世界のニュース

強烈な寒波からウミガメを守れ!テキサス州で4700匹を別の施設へ移動

強烈な寒波からウミガメを守れ!テキサス州で4700匹を別の施設へ移動
Twitter/Lara

アメリカのテキサス州は今月中旬ごろから、強烈な寒波に見舞われているが、そんな中で多くのウミガメの命を救う作業が進められた。

 

ボランティアが協力して移送

 

テキサス州ではここ数日、気温がマイナス18℃まで低下し、23人が死亡。州全体に非常事態が宣言された。

 

また各地で停電が発生し、数百万人が凍えるような寒さの中で、電気のない状態に置かれたという。

 

しかしそんな中で、多くのボランティアの人々が参加し、絶滅が危惧されているウミガメを街にあるコンベンション・センターへ移動させたそうだ。

 

低体温状態になったウミガメ

 

このウミガメはテキサス州南部にあるSouth Padre島に打ち上げられ、暖かい気候になるまで島にある保護団体「Sea Turtle Inc,」の施設で飼育されてきたそうだ。

 

その数は、なんと約4700匹。しかし強烈な寒波の影響で、全てのウミガメが無気力で動かなくなり、低体温反応を示していたという。

 

このため地元のボランティアの人々が保護団体と協力し、ウミガメたちを救うため、コンベンション・センターへ運んだ。

 

今年は数多くのウミガメを保護

 

そもそも毎年冬に、平均で100匹から500匹が浜に打ち上げられるのだが、今年は前例がないほど多くのウミガメが保護されたという。

 

また今回の移送作戦では、約15分ごとにトラックやSUVがセンターの前に横付けされ、そこにウミガメたちを運び、乗せていったとか。

 

しかし2月17日には気温が4℃に下がり、コンベンション・センターも17日までは電気が通じておらず、その後停電が解消され、カメの体の中心温度も15℃に上がるようになったそうだ。

 

テキサス州では全ての郡に対し冬の嵐への警戒が呼びかけられ、このような寒さは30年ぶりとされるが、ネットにも下のような信じられない動画が公開されている。(了)

 

 

出典元:Metro:Texas residents brave freezing storm to save 4,000 endangered sea turtles(2/18)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top