Switch news

知っておきたい世界のニュース

母親を新型コロナで亡くした赤ん坊のために、多くの母乳が寄付される

母親を新型コロナで亡くした赤ん坊のために、多くの母乳が寄付される
flickr_Jerry Lai

アメリカで、新型コロナウイルスによって母親を失った赤ん坊のために、多くの母乳が寄付され、話題となっている。

 

11月15日に新型コロナで死亡

 

その母親とは、ミズーリ州の街、Oak Groveに住んでいたMegan Richardsさん(32)だ。

 

彼女はワクチンを接種しておらず、11月に新型コロナに感染。その後症状が悪化し、11月14日に病院へ搬送されたという。

 

その翌日、15日には病状が悪化。Meganさんの心臓の周りに液体が溜まっており、医師たちは心肺蘇生を施したが、その日のうちに亡くなってしまう。

 

スポンサーリンク

1歳になるまで母乳で育てたい

 

6人の子供の母親であったMeganさんは、生後5カ月のMyles君を1歳の誕生日まで、母乳で育てることを計画していたという。

 

このためMeganさんの夫のMichael Richardsさんは、彼女の遺志をかなえようとし、Meganさんの姉のBrittany Eppenauerさんと共に、母乳を募り始めた。

 

そしてBrittanyさんが中心となって、母乳の寄付を呼び掛けたところ、希望する女性たちから300通近くのメールが届いたそうだ。

 

しかも最初に母乳を寄付したいと申し出てくれた女性の名前も「Megan」だったという。

 

そして今ではMichaelさんらは、約400オンス(約11kg)の母乳と、それを保存するための冷凍庫を受け取ったそうだ。

 

スポンサーリンク

来年7月まで280kgも必要

 

もっともMyles君が1歳を迎える来年7月までには、約1万オンス(約283kg)の母乳が必要になると予想されている。

 

しかしBrittanyさんは、寄付をしてくれたことについて「妹の願いを叶えるために、他のお母さんたちがそこまで気にかけてくれていることを知り、圧倒されました」と述べている。

 

Michaelさんは妻のMeganさんを「完璧な母親だった」と振り返っており、現在彼とBrittanyさんは、Meganさんの空白を埋めようとしているという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Strangers donate breast milk after mom of newborn dies of COVID-19(12/2)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top