Switch news

マクドナルドもついに植物由来の人工肉を導入、カナダで試験販売へ

マクドナルドもついに植物由来の人工肉を導入、カナダで試験販売へ
McDonald's

ファーストフードのマクドナルドが、植物由来の人工肉を使ったパティを開発し、今後テストを行うことになった。

 

カナダの店舗で試験販売を予定

 

マクドナルドは先週の木曜日(9月26日)、カナダにある28店舗で新しい植物由来のハンバーガーを試験販売すると発表した。

 

このテスト販売は9月30日に開始され、12週間続けられる見通しとされている。

 

また声明においても、これまで植物由来のバーガーをレシピに組み入れる作業を続けており、すでに顧客から意見を聞く準備が整っていると述べている。

 

「Beyond Meat」とパートナーを組む

 

今回、マクドナルドがパートナーとして選んだのは、カリフォルニア州のロサンゼルスを拠点にしている企業「Beyond Meat」だ。

 

「Beyond Meat」は植物由来の「人工肉」を作り出しており、その味は普通の肉と変わらないとして、業界でも注目を集めている。

 

また当サイトでも以前取り上げたが、ケンタッキーフライドチキンとも一緒に取り組み、植物由来の「人工鶏肉」なども手掛けている。

 

そして今回はマクドナルドのために、ユニークなパティを開発。「P.L.T.(Plant(植物)、Lettuce(レタス)、Tomato(トマト)の頭文字を組み合わせた言葉)」と名付けられた。

 

このパティには人工的な着色や風味は加えられておらず、保存料なども入っていないという。

 

そしてマクドナルドはこの植物由来のハンバーガーを、6.49カナダドル(528円)で販売する予定としている。

 

もしこのテスト販売がうまくいけば、「P.L.T.」は他の場所にある店舗でも新しいメニューとして販売され、拡大していくことになるそうだ。(了)

 

出展元:People:McDonald’s Is Testing a New Plant-Based Burger(9/26)

Return Top