Switch news

知っておきたい世界のニュース

洗練されたデザインの空飛ぶ自動車、試作機の飛行テストに成功

洗練されたデザインの空飛ぶ自動車、試作機の飛行テストに成功
YouTube/Bellwether Industries

ある企業が先日、開発中の空飛ぶ自動車の飛行テストを行い、その動画が公開されている。

 

2年間にわたり試行錯誤

 

その企業とはイギリスのロンドンを拠点にしている「Bellwether Industries」だ。ここでは「VOLAR」と呼ばれる空飛ぶ自動車を開発しているという。

 

そしてこの試作機の飛行性能を向上させるため、2年間にわたり試行錯誤を行い、昨年11月にアラブ首長国連邦のドバイでフライト・テストを実施した。

 

その動画は最近公開され、そこには洗練されたデザインの試作機が、バランスを保ちながら飛行していく様子が映っていた。

 

 

「Bellwether Industries」のYouTubeチャンネルには「VOLARはスムーズに飛行し、このことは私たちの技術革新への努力を証明するものです。私たちは、このVOLARに自信を持ち、継続的な改良を加えながら、完璧な製品を目指していきます」と述べられている。

 

スポンサーリンク

「環境にやさしく」「コンパクトな形状」

 

「Bellwether Industries」のウェブサイトによれば、「VOLAR」は新しいカテゴリーの交通手段であり、プライベートで使用できるのアーバン・エア・モビリティだという。

 

また「VOLAR」には、人間や都市と共生するために、次のような要件を満たす必要があると考えているそうだ。

 

垂直離着陸

コンパクトな形状

都市適合性

環境にやさしい

隠れた推進システム

 

 

その上で「Bellwether Industries」はサイトで次のように述べている。

 

「既存の交通システムを打破することで、初めて私たちは交通の効率を最大化することができるのです。(略)生活環境を整え、新しい3次元のライフスタイルへ誰でも、どこからでも、どこへでも、いつでも飛べる、限界を超えたワンコールアウェイ輸送を実現し、真の意味でのアーバン・エア・モビリティを実現します」

 

この会社では、2023年までに本格的なプロトタイプを完成させ、テストを行う予定だという。

 

また最終モデルの発売は、オンデマンド輸送では2028年、個人所有では2030年を予定しており、ユーザーは飛行機で通勤することができるようになるそうだ。(了)

 

 

出典元:Bellwether Industries:VOLAR

参考:MailOnline:That’s one way to beat traffic! Futuristic flying hypercar that is designed for inner city travel and could one day reach speeds of 135mph at 3,000 feet completes successful test flight in Dubai(1/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top