Switch news

知っておきたい世界のニュース

「バイアグラ」がアルツハイマー病に効果がある可能性

「バイアグラ」がアルツハイマー病に効果がある可能性
flickr_Tim Reckmann

勃起不全の治療薬とされる「バイアグラ」が、アルツハイマー型認知症に効果があるとする研究結果が発表された。

 

700万人以上のデータを分析

 

この研究を行ったのは、アメリカのクリーブランド大学などの研究者だ。

 

彼らによれば、細胞を使った実験を行った結果、「バイアグラ」がアルツハイマー病で蓄積されるタンパク質の一部を標的にしていることが示唆されたという。

 

また、700万人以上の患者のデータベースを分析。その結果、「バイアグラ」を服用している男性は、アルツハイマー病のリスクが低いことを発見したそうだ。

 

この研究結果は12月6日に、科学誌「Nature Aging」において発表され、研究者は今後も研究を進める価値があると述べている。

 

スポンサーリンク

もともとは心臓の薬

 

そもそも「バイアグラ」は、「シルデナフィル」として知られており、その主な作用は血管を弛緩させたり広げたりすることで血流を改善することであり、もともとは心臓の薬として開発されたという。

 

その後、医師たちは「バイアグラ」がペニスの動脈を含む体の他の部分にも同様の効果があることを発見し、勃起不全の治療薬として開発に成功した。

 

しかし「シルデナフィル」は、すでに肺高血圧症という肺の病気に男女ともに使用されており、最近では、アルツハイマー病に次いで多い認知症である血管性認知症(血流が低下して脳にダメージを与える)のリスクがある人にも効果があるのではないかと考えられているそうだ。

 

スポンサーリンク

発症する可能性が69%も低い

 

アルツハイマー型認知症は、加齢に伴う認知症の中でも最も一般的なもので、世界中で数億人が罹患しているが、正確な原因は完全には解明されていない。しかし認知症の人の脳には異常なタンパク質が蓄積することがわかっているという。

 

そこで今回、研究者たちは大規模な遺伝子マッピングネットワークを用いて、遺伝子データなどを統合し、米国食品医薬品局(FDA)に承認されている1600種類以上の薬剤のうち、どの薬剤がアルツハイマー病の治療に有効であるかを調べた。

 

そして高用量の「シルデナフィル」を投与したところ、脳細胞の成長が促進され、このタンパク質の蓄積が減少したという。

 

また今回、「シルデナフィル」を服用している人は、服用していない人に比べて、アルツハイマー病を発症する可能性が69%も低いことを、6年間にわたる723万人以上の個人医療データに基づいて明らかにしたそうだ。

 

ただし今回の研究は、薬と病気の発症率低下との間に関連性があることが示されただけだ。このため主任研究者のFeixiong Cheng博士も、今後は因果関係を明らかにし、有用性などを確認するべく、さらなる研究が必要だと述べている。(了)

 

出典元:BBC:Viagra may be useful against Alzheimer’s dementia(12/6)

出典元:The Guardian:Viagra could be used to treat Alzheimer’s disease, study finds(12/6)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top