Switch news

知っておきたい世界のニュース

壁の中から出てきた60年前のマクドナルド、デザインが全然違っていた!

壁の中から出てきた60年前のマクドナルド、デザインが全然違っていた!
Reddit/slamminsammy2109

アメリカ・イリノイ州の男性が自宅を改装していたところ、壁の中から、60年近く前のマクドナルドの包み紙と、食べ残したフライポテトが出てきたという。

 

トイレの壁から布にくるまって…

 

古くなったトイレットペーパーのホルダーを、壁から外した時にそれが発見された。取り外したホルダーのあとに開いた穴、その奥に丸められた布が入っていたという。見つけた男性は、海外メディアの取材を受けてこう話している。

 

「今ちょうど、私と妻でキッチンとバスルームの改装をやっているところなんですが、バスルームに付いた備品を取り外した時、壁の漆喰の裏に布切れがあるのに気づいたんです。それで、それを引っ張り出して妻に見せました。見たところ丸められた布で、中に何か入っているようだったので、広げてみたんです。すると、古いマクドナルドの紙袋とフライポテトが出てきました。驚きましたね。でも、隠されていたものがそれだけでよかったですよ」

 

下にあるのが出てきたものの写真。彼が、slamminsammy2109というハンドル名で、アメリカのソーシャルニュースサイト「Reddit」に投稿した。

 

Reddit/slamminsammy2109

 

スポンサーリンク

マクドナルド初期のキャラクターは「スピーディー」君

 

写真を見ると、これがマクドナルドかと疑ってしまう。「McDonald’s」と書かれてはいるが、今のデザインと全く違う。

 

だが、アメリカのメディアが調べたところ、1955年から1961年までの間、マクドナルドは確かにこのデザインを使っていたのだそう。

 

シェフハットを被り、蝶ネクタイをした丸顔のキャラクターは「スピーディー(Speedee)」という。手に持ったプラカードには「僕はより速い(I’m speedier)」、「注文製のハンバーガー(Custom built hamburgers)」と書かれている。ファストフードがなかった当時、提供の素早さと、素材に注文をつけられることを一番のウリにしていたようだ。

 

お馴染みのMマーク(ゴールデンアーチ)が登場するのは1961年になってから。また、スピーディー君は1967年に消え、ドナルド・マクドナルドに取って代わられた。

 

それにしても、こんなものがなぜ壁の中にあったのだろう?

 

発見した男性によれば、家は1959年に建てられたもの。近くに古くからのマクドナルドの店があるので、「その時の建築業者のせいだろう」と彼は言っている。大工さんが昼飯に食べたマックのゴミと、食べ残しのフライポテトを置き忘れた、というあたりが真相か。(了)

 

出典元:Newsweek:‘You Gonna Finish Those?’: Man Finds 60-Year-Old McDonald’s in House Walls(4/21)

出典元:Reddit:Found this in my bathroom wall while renovating.(4/21)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top