switch

World News Odyssey

毒を盛られたか?英で元スパイが正体不明の物質にさらされ意識不明の重体に

毒を盛られたか?英で元スパイが正体不明の物質にさらされ意識不明の重体に

イギリスで男性が正体不明の物質にさらされ、意識不明の状態で倒れているのが発見された。

 

公園のベンチで意識不明のまま倒れる

 

この事件が起きたのは3月4日午後4時15分、場所はイングランドのSalisburyという街にある公園のベンチとされている。

 

事件現場には男性と女性の2人が意識不明の状態で倒れていたとされ、外傷などはなかったという。

 

その後、2人はSalisbury District病院へと搬送され、毒物と思われる正体不明の物質にさらされたとして治療を受けるも、依然重体の状態が続いているとか。下は事件に遭う前の映像。

イギリスのためにロシアでスパイ活動

 

イギリスのメディアによれば、男性はSergei Skripalさん(66)で、ロシア軍情報機関に所属していた元大佐だったが、その後二重スパイとしてロシアで活動を行っていたという。

 

しかし2006年に、イギリスのためにスパイ活動を行ったとしてモスクワの軍法会議で有罪となり、13年間キャンプでの強制労働を命じられたそうだ。

 

その後、2010年にアメリカとロシアのスパイ交換が行われた際、釈放され、ロシアを出国。イギリスに住み続けてきたと言われている。

 

空を見上げ奇妙な手の動きを見せる

 

目撃者によれば、2人は何か非常に強烈なものを飲んだようにも見え、その後男性は空を見上げながら奇妙な手の動きを見せていたという。

 

女性の方はSergeiさんの娘(33)とみられ、2人はショッピングセンターへ買い物に行く途中(もしくは買い物から帰る途中)だったと考えられている。

 

この事件の後、街は厳重な警戒が敷かれ、現在も捜査が進められているようだが、物質の影響で住民らに脅威が及ぶ状況ではないそうだ。

以前も類似の事件が起きていた

 

この事件を受け、イギリス政府も反応。ボリス・ジョンソン外務大臣は、事件の原因を断定するのは時期尚早としながらも、ロシアが間接的に関与した可能性について言及した。

 

これに対しロシアは即座に非難。ロシア在英大使館は「あたかも捜査がすでに終了し、(略)事件はロシアに責任があるかのような発言だ」と批判している。

 

実はイギリスでは2006年にも同様の事件が起きており、その時はロシア政府に批判的だったアレクサンドル・リトビネンコ氏がやはり毒殺されている。

 

そして当時のイギリス側の捜査では、この犯行がプーチン大統領の命令で行われた可能性が極めて高いという結論が出されているという。(了)

 

 

出典元:ABC News:Ex-Russian spy in critical condition after exposure to ‘unknown substance’: Reports(3/5)

出典元:BBC:Critically ill man is former Russian spy(3/6)

出典元:AFP:元スパイ毒殺未遂か 英「断固たる」対応警告、ロシアも応酬(3/7)

Return Top