電車とホームの間に挟まれた女性のため、多くの乗客が力を合わせて救出


駅でホームと車両との間に足が挟まれて動けなくなった女性を救おうと、多くの乗客らが力を合わせる動画が公開されている。

 

皆が力を合わせて車両を押す

 

この事故が起きたのは6月29日の午後5時30分頃で、場所はボストンにある「Massachusetts Avenue駅」とされている。

 

45歳の女性が電車から降りようとしたところ、突然ホームとの間にできた5インチ(約13cm)ほどの隙間に片足が挟まってしまい、抜けなくなったという。

 

すると付近にいた乗客が次々と駆け寄り、しまいには皆で力を合わせて車体を押してまで、救い出そうとし続けたそうだ。その結果、女性は隙間から抜け出すことができたと言われている。

 

この映像はホームに設置されたカメラがとらえていたが、人々が一致団結する姿が素晴らしかったとして、その後マサチューセッツ湾交通局が公開した。

 

足を骨折、骨がむき出しに

 

皆の力により救出され女性はその後、ボストン・メディカルセンターへ運ばれ、現在は回復に向かっているという。

 

ただし当時、女性は足にひどい傷を負っており、病院に運ばれた時には、骨がむき出しになっていたそうだ。

 

また事故が起きた時、女性は付近の人々に対し、救急車は費用が多くかかるため、呼ばないで欲しいと頼んでいたとか。

 

この事実を地元メディア、The Boston Globeの記者であるMaria Cramerさんがツイッターに投稿したところ、New York Timesが取り上げ、「このツイートは今日のアメリカのヘルスケアの現状をとらえている」というタイトルで記事にしたという。

 

実際、アメリカでは救急車は有料となり、地域や状況によっても変わるが、300ドル(約3万円)から500ドル(5万5000円)の料金がかかると言われている。(了)

 

出典元:NBC:Woman Cries Over Ambulance Cost After Getting Leg Caught in Platform Gap(7/3)

出典元:WCVB:Woman’s leg gets caught between Orange Line train, platform in Boston(7/2)