Switch news

知っておきたい世界のニュース

かつてゴッホを魅了した?不思議な雲がアメリカの上空に現れる

かつてゴッホを魅了した?不思議な雲がアメリカの上空に現れる
Rachel Gordon/Facebook

まるで葛飾北斎の絵を模したような雲がアメリカの上空に現れ、人々を驚かせている。

 

その雲が現れたのは、12月6日のこと。西部開拓時代の面影を残す街、ワイオミング州シェリダンで撮影された写真がこちらだ。

 

Rachel Gordon/Facebook

 

この写真は、レイチェル・ゴードンさんが撮影し、Facebookに投稿したものだ。ビッグホーン山脈の上空に、芸術的な雲が等間隔で並んでいる。この雲の正体は一体何なのだろうか。

 

ケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲と呼ばれるもの

 

これはケルビン・ヘルムホルツ不安定性の雲と呼ばれるもの。上空には空気の層が重なっているが、層によって風の向きや風速が異なることで、気流が乱れてできる雲だ。

 

珍しい現象だが、今までもカメラに収められている。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXTREMEWEATHER.CLUB(@xwxclub)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ricardo Takamura(@ricardotakamura)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

LindsayRiley(@lindsayrileywx)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dave Aguilera(@daveag)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mare Imbergamo-Ferreri(@bossbabel8n)がシェアした投稿

スポンサーリンク

有名な絵画のモチーフにも

 

実はこの雲、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作のひとつである「星月夜」にインスピレーションを与えたとも言われている。

 

フィンセント・ファン・ゴッホ – bgEuwDxel93-Pg at Google Arts & Culture, パブリック・ドメイン

 

この作品はゴッホが亡くなる前の年に、精神治療のために入院していた修道院で描かれた作品だ。鉄格子のはまった窓から見える風景を描いたと言われている。

 

参考:Facebook/Beauty of the Bighorns

参考:ウェザーニュース「空にギザギザした雲が!?

参考:Artpedia【作品解説】フィンセント・ファン・ゴッホ「星月夜」

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top