Switch news

幼児が建物の6階から落下、車の屋根がクッション代わりとなり奇跡的に助かる

幼児が建物の6階から落下、車の屋根がクッション代わりとなり奇跡的に助かる
Twitter/4vto

アメリカで幼児がマンションの6階から落下したが、奇跡的に助かったとして注目を集めている。

 

部屋の窓から18mも下へ転落

 

その事故が起きたのは4月10日(現地時間)、場所はワシントン州のシアトル近郊にあるマンションだとされている。

 

幼児は生後20カ月で、6階の部屋にある窓に近づき、そのまま18m下まで転落したという。

 

下には駐車している車があり、幼児はその屋根に落下したそうだ。

 

しかし屋根がクッションの代わりとなり、衝撃を吸収。救急車が到着した時には、幼児は屋根の上で泣いていたとされている。

 

事故当時は1人で寝室にいた

 

窓から落下する前、幼児は1人で寝室に残されていたらしく、母親と2人の姉たちは別の部屋にいたという。

 

そして窓の縁に捕まり自分を支えていたそうだが、当時窓はわずかに開いており、網戸を押してしまい転落したとみられている。

 

幼児が落下した車の屋根には、大きな凹みができていたが、車の持ち主は子供の命が助かったことに驚いているそうだ。

 

病院へ運ばれた幼児は深刻な状態だったそうだが、現在は容態も安定しているという。

 

もし下に車がなければ間違いなく死亡していた事故。18mも落下して命を取り留めるとは、まさに奇跡といえるだろう。(了)

 

 

出典元:ABC net:Toddler survives after falling 18 metres from apartment window and landing on neighbour’s car(4/12)

出典元:The New York Times:Toddler Survives 60-Foot Fall From Apartment, Lands on Car(4/11)

Return Top