Switch news

知っておきたい世界のニュース

ボディペインティングが生みだす動物たち、ア―ティストが仕掛ける作品に幻惑される

ボディペインティングが生みだす動物たち、ア―ティストが仕掛ける作品に幻惑される
Instagram/johannesstoetterart

イタリアで活動するボディペインティング・アーティスト・Johannes Stötterさんの作品には、誰もが目を丸くしてしまうだろう。

 

例えば、最近話題になっている「虎」の作品。ボディペイントを施された数人のモデルが決まった位置でポーズを取ると、一瞬にして虎になる。

 

 

Stötterさんは昨年、中国のTVショーに招かれてこの「虎」を披露しており、その録画を自身のインスタグラムにアップしている。中国のゲストたちの、呆気にとられた顔も見ものだ。

 

ボディペインティングを革新するアーティスト

 

Stötterさんの作品の特徴は、ペイントした複数人のモデルを組み合わせることだ。また、どの作品も、自然の生き物がモチーフになっている。

 

彼の名がアートの世界に広く知られるようになったのは、2013年に「カエル」の作品を発表してからのこと。5人のモデルを使った「カエル」は、5人がバラけるまで、どういう姿勢で組み合わさっているのか見当もつかない。

 

 

北イタリアのアルプス山中の村に住むStötterさんは、自然との繋がりをいつも感じていて、そこから作品のインスピレーションを得ているそう。

 

ボディペイントの作品を本物そっくりに見せるコツは、描画ソフトの「スポイトツールのように正確に」実物と同じ色を出すことだという。(コンピューターのスポイトツールは、スポイトのアイコンをクリックすることで、画面上にある色を完璧にコピーできる)

 

蝶、オオカミ、カメレオン……など

 

彼のサイトには他にも作品が動画で公開されている。そのいくつかをご紹介しよう。

 

まずは蝶。これは一人のモデルがポーズを取っている。蝶の羽が動くのでどんなポーズか分かりそうなものだが……

 

 

次はウミガメ。前ヒレを動かして悠々と泳いでいるが……

 

 

そしてオオカミ。これは複数のモデルが複雑に絡み合った作品だ。

 

 

最後に、初期の作品からカメレオンをご紹介しよう。人間のモデルだと分かってはいるが、足を動かすカメレオンにギョッとさせられる。

 

(了)

 

出典元:FUTILITY CLOSET:How Tigers Are Made(2/26)

出典元:Johannes Stötter

Return Top