Switch news

これはひどすぎる!米国の湖で頭に大きなナイフが刺さったワニを発見

これはひどすぎる!米国の湖で頭に大きなナイフが刺さったワニを発見
flickr_m01229 ※写真はイメージ

アメリカの湖で頭にナイフが刺さったワニが発見され、多くのメディアで取り上げられている。

 

フェイスブックに写真が投稿される

 

そのワニは見つかったのはテキサス州の街、Sugar LandにあるPumpkin湖とされている。

 

ナイフが刺さった状態のワニは、地元の住人、Erin Weaverさんによって6月13日に目撃され、その後フェイスブックに写真が投稿されたという。

 

Weaverさんはその日の朝、ウォーキングをしている最中にそのワニを見つけ、大型のナイフが頭から突き出ていたと語っている。

 

憤る住民、犯人は起訴される可能性も

 

またこのワニは先週、2日間にわたって目撃されており、Fort Bend郡の猟区管理事務所も6月14日にワニを発見したそうだ。

 

猟区管理事務所によれば、このワニはケガの深刻さによっては、湖から運ばれ、保護する施設へ連れて行かれる可能性もあるという。

 

住民のWeaverさんはメディアの取材に対し「このコミュニティに住む私たちのワニに、このような残酷なことができる人間がいることが信じられません」と憤りをあらわにしている。

 

今後、もしワニにナイフを刺した人間が見つかれば、告発される可能性もあるそうだ。

 

それにしても頭にナイフが刺さった状態でも生きているとは、なんという強い生命力なのだろうか。(了)

 

 

出典元:NBC:Alligator with knife sticking out of its head spotted swimming in Texas lake(6/15)

出典元:People:Alligator with Large Knife in Its Head Spotted in Texas Lake(6/14)

Return Top