Switch news

知っておきたい世界のニュース

レバノンの港で大爆発、78人が死亡、凄まじい衝撃波を捉えた映像

レバノンの港で大爆発、78人が死亡、凄まじい衝撃波を捉えた映像
Twitter/Zaiنab Hijazi

中東レバノンの首都・ベイルートの港湾地区で4日の夕方、大きな爆発があり、70人以上が死亡、数千人が負傷した。

 

爆発の衝撃波は遠くの建物をも揺らし、港湾施設や町も破壊された。(下の動画にはかなりショッキングな映像も含まれているので、閲覧にはご注意いただきたい)

 

78人が死亡、多くの行方不明者

 

レバノンの保健省によれば、この爆発で少なくとも78人が死亡、約4000人がケガを負ったという。

 

また街の施設なども破壊され、多くの行方不明者が出ているそうだ。人々は救急などに対し、愛する家族の安否について尋ねているようだが、夜で電気すら失われているため、捜索は困難を極めている。

 

また爆発が起きた港湾地区は破壊され、数キロ離れたベイルート中心街の建物も窓が割られ、ガラス片が街に散乱しているという。そしてネットにも、爆発の瞬間をとらえた動画が多く投稿されている。

 

 

保健省のHamad Hassan大臣は、被害の範囲を調査するにも時間が必要だと述べている。下は事故直後の現場の様子。けがを負い、血を流している人々の姿も多くとらえられている。

 

原因は硝酸アンモニウムか

 

爆発の正確な原因は、まだ分かっていない。ただ数千トンに及ぶ、硝酸アンモニウムが港湾の倉庫に6年間も保管されており、それらが爆発したとみられている。

 

硝酸アンモニウムは化成肥料として使用される物質であると同時に、火薬・爆薬原料としても利用されている。

 

硝酸アンモニウムによる爆発事故は、2015年8月に中国の天津においても起きている。この時は死者165名、負傷者798名となり、建物、コンテナ、自動車などにも大きな被害が及んだという。

 

 

今回の爆発は、約260kmも離れた島国キプロスでも感じられたとの報告が寄せられている。またこの爆発による犠牲者を悼み、エジプトではピラミッドにレバノンの旗が投影された。(了)

 

 

出典元:BBC:In pictures: Chaos and destruction in Beirut after blast(8/4)

出典元:CNN:At least 78 killed in Beirut blast, health minister says(8/4)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top