Switch news

知っておきたい世界のニュース

干上がった湖の底から再び人骨を発見、5月以来4度目【アメリカ】

干上がった湖の底から再び人骨を発見、5月以来4度目【アメリカ】
Twitter/Lake Mead

先日、アメリカの湖の水量が低下し、湖底から人の遺体が発見されたことをお伝えしたが、今回さらに4人目の遺体が発見されたという。

 

激しい干ばつで水位が低下

 

その湖とは、アメリカ最大の貯水池である「ミード湖」だ。

 

アリゾナ州とネバダ州にまたがる「ミード湖」は、激しい干ばつで水位が低下。露わになった湖の底から、これまでも遺体が発見されてきた。

 

そして8月6日にも、ネバダ州側のミード湖国立保養地にある湖の底から、再び遺体が発見されたという。

 

「ミード湖」で人骨が発見されたのは、5月以来、今回で4度目となるそうだ。

 

スポンサーリンク

警察は人骨の調査を開始

 

その後、ラスベガス市警の潜水チームの協力のもと、パークレンジャーが駆けつけ、遺骨回収のために周辺を整備したという。

 

また警察当局はこの人骨の調査を開始し、死因を特定するためにクラーク郡検死官に連絡を取ったそうだ。

 

NASAが先月発表した衛星画像には、2000年7月6日と今年7月3日に撮影された「ミード湖」の様子が映っていたが、かなり水位が低下しているのが分かる。(下の写真では上が2000年、下が2022年の様子)

 

NASA
NASA
スポンサーリンク

450kgの不発弾を川岸で発見

 

またイタリアでも極度の干ばつから川の水が干上がり、第2次世界大戦中の不発弾が発見されたという。

 

イタリアにある長さ650kmに及ぶポー川の大部分は、この70年間で最悪の干ばつにより、干上がってしまったそうだ。

 

その結果、450kgの不発弾が、枯渇したポー川の川岸で釣り人によって発見された。

 

この不発弾はその後、爆破処理されたが、北イタリアでは異常な暑さと降雨量の少なさにより、水不足がさらに悪化し、気候変動の影響に対する恐怖を高めているという。(了)

 

出典元:ABC News:4th set of human remains found in Lake Mead(8/8)

出典元:BBC:Extreme drought: Dried-up Italian river reveals unexploded WWII bomb(8/8)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top