Switch news

知っておきたい世界のニュース

パナマの大統領候補が乗ったヘリがジャングルに墜落、救助を求める動画を投稿

パナマの大統領候補が乗ったヘリがジャングルに墜落、救助を求める動画を投稿
Twitter/Alvaro Alvarado

パナマでヘリコプターがジャングルに墜落し、乗っていた大統領候補が助けを求める動画をネットに投稿した。

 

6人乗りのヘリが墜落

 

その大統領候補の男性とは、ディミトリ・フローレス氏だ。彼は2024年の大統領選挙で立候補を目指している無所属の候補者だという。

 

8月10日、フローレス氏を含む6人はヘリコプターに搭乗し、パナマ西部の山岳地帯を移動していたという。

 

しかしその後、ヘリコプターが墜落。フローレス氏は助けを求めるために、墜落現場で自らの姿を撮影し、SNSに投稿した。その様子がこちら。

 

スポンサーリンク

呻き声を上げながら助けを求める

 

フローレス氏は動画において、時には呻き声を上げながら、次のように述べていたという。

 

「ヘリコプターが墜落した。生きていることを神に感謝しなければならない。私のために、(動画を)送ってみてください。足や腕が折れているんだ」

 

またフローレス氏は、数人が負傷したとし、標高1400メートルの山中でヘリが墜落したと説明していたが、墜落の原因については詳細を明らかにしなかったという。

 

パナマの民間航空局はツイッターにおいて、機体はすでに発見され、救助活動が行われていると書き込んでいる。

 

 

弁護士であるフローレス氏は、2024年の大統領選で独立候補として立候補を目指す数人のうちの1人だとされている。(了)

 

出典元:BBC:Panamanian politician posts SOS after crashing in jungle(8/10)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top