Switch news

知っておきたい世界のニュース

イギリスで新型コロナにより死者が増加、27日には130人が死亡

イギリスで新型コロナにより死者が増加、27日には130人が死亡
flickr_Metro Centric

イギリスで、新型コロナウイルスにより死者が少しずつ増えており、警戒が呼びかけられている。

 

死亡者数は3月以来の多さ

 

ワクチン接種が進むイギリスでは、ここ最近新型コロナによる死者数は低い水準にとどまっていた。

 

しかし7月20日には1日の死者が100人を越え、その後1日に約65人から約80人が死亡。7月27日には、過去24時間で131人の死亡が確認された。(データはジョンズ・ホプキンズ大学

 

このように死者が130人を超えるのは、第2波に見舞われた今年の3月以来、初めてのことになるそうだ。

 

新規感染者は7日連続減少

 

もっともイギリスでは今年の1月には1日に1800人以上亡くなっており、それに比べると、まだ死者数は低く抑えられている。

 

また最近では、新規感染者も7日連続で減少しており、7月25日には約2万8000人、27日には約2万3500人となっている。(下のグラフでは、赤が感染者数、白が死亡者数の推移)

 

Johns Hopkins University

 

ただイギリスでは成人の70%以上がワクチンの2回接種を終えているが、死亡率は4月以降のどの地点よりも高くなっているという。

 

しかも医療関係者は、感染者や緊急・救急医療への需要が増えており、精神的なケアを必要としている人々も多いため、国民保健サービス(NHS)は1月のパンデミック時と同じくらい、ひっ迫していると語っている。

 

「まだ第3波の途中にある」

 

イングランドの公衆衛生当局「Public Health England」のYvonne Doyle博士は、「パンデミックはまだ終わっていない」とし、次のように述べた。

 

「今日(27日)の死者数は、ここ数週間で多くの症例(感染者)が記録されたことが原因の1つです。感染者数が多い時に、死亡者数がそれに続くことはわかっていますが、今日のデータでは、まだ第3波の段階にあることが明らかになりました」

 

その一方で、2020年3月の最初のロックダウンをモデル化したNeil Ferguson教授は「まだ注意が必要だ」「完全に危機を脱したわけではない」としながらも、次のように述べている。

 

「方程式は根本的に変わり、ワクチンの効果により、入院や死亡のリスクが大幅に減少しました。9月下旬から10月には、パンデミックを振り返ることになると思います。まだCovid19はあるし、Covid19で死ぬ人もいるだろうが、パンデミックの大部分は過去のものになっているはずです」

 

先日、ドイツ・バイオ企業「ビオンテック」のCEO・ウグル・サヒン氏は、ファイザーと共同で開発した新型コロナワクチンについて「接種後7カ月が経過した一部の患者のなかで、抗体のレベルが減少している」と発言。抗体の減少に加えて、デルタ株への免疫力の低下を指摘している。(ただし重症化を防ぐ効果は高いとも述べている)

 

イギリスでは昨年12月から大規模なワクチン接種が行われてきたが、果たしで今後どうなっていくのか、注視していきたい。(了)

 

 

出典元:METRO:Daily UK Covid deaths rise above 100 for first time since March(7/27)

Return Top