Switch news

知っておきたい世界のニュース

再びボーイング777がエンジントラブル、ロシアの空港に緊急着陸していた

再びボーイング777がエンジントラブル、ロシアの空港に緊急着陸していた
flickr_Papas Dos

先日、アメリカでエンジントラブルを起こしたものと同じ機種のボーイング777が、再びロシアで緊急着陸していることが明らかとなった。

 

香港からスペインへ向かう途中

 

その飛行機とは、ロシア航空(Rossiya Airlines )の貨物機であるボーイング777-300ERだ。

 

この貨物機は2月26日、香港からスペインのマドリードへ向かっていたのだが、途中エンジントラブルを起こし、ロシアのモスクワにある空港へ緊急着陸したという。

 

この時、エンジンのコントロールセンターのセンサーに異常が見られたため、乗組員らが航空会社の輸送基地のある空港へ向かい、着陸したと言われている。

 

型やエンジンも少し異なる

 

もっともこの貨物機は2月20日にアメリカのコロラド州で、エンジンの破損事故を起こした旅客機とは少し異なっている。

 

コロラド州で事故を起こした旅客機はボーイング777-200型で、エンジンはゼネラル・エレクトリック社製の「Pratt & Whitney PW4000」。

 

しかし今回、モスクワに緊急着陸した貨物機は300ER型で、エンジンも同じゼネラル・エレクトリック社製だが、「GE90-115B」となっている。

 

このため事故が起きる前の2月24日、ロシアの連邦航空局「Rosaviatsiya」は、この貨物機の運用中止を考えていないと述べていたという。

 

結局、この貨物機は緊急着陸してから約7時間後には再び離陸し、スペインへの飛行を続けたそうだ。(了)

 

 

出典元:CNBC:Boeing 777 makes an emergency landing in Moscow after engine sensor problem(2/26)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top