Switch news

知っておきたい世界のニュース

米上空で2機の飛行機が衝突、機体が大破するも奇跡的にケガ人はなし

米上空で2機の飛行機が衝突、機体が大破するも奇跡的にケガ人はなし
Twitter/An Airline Pilot

アメリカの上空で、飛行機同士が衝突する事故が起き、注目を集めている。

 

小型機と輸送機が衝突

 

その事故が起きたのは5月12日、場所はコロラド州にある「Cherry Creek State Park」の上空だという。

 

事故を起こしたのは。パイロットの指導などを行う企業「Independence Aviation」が所有する、単発エンジンの小型機「Cirrus SR22」と、航空会社「Key Lime Air」が所有する輸送機の「Swearingen Metroliner SA226TC」とされている。

 

この2機は午前10時25分、Centennial空港の北、4マイル(約6.4km)の上空で衝突した。

 

それぞれの乗員に怪我はなし

 

「Cirrus SR22」の方は衝突後、パラシュートを開いて地面に着陸。乗っていた2名はケガもなく、その後も飛行機から降り、歩いて安全な場所へ避難したという。

 

 

また「Swearingen Metroliner SA226TC」の方は、天井や壁が大破したが、その後Centennial空港に無事着陸した。当時はパイロットしか乗っておらず、やはりケガもしていないそうだ。

 

 

Arapahoe郡保安官事務所のスポークスマンは、今回の事故で誰も怪我をせず、死亡しなかったのは、「奇跡的」だと述べている。(了)

 

 

出典元:KDVR:‘It’s amazing’: no one injured when 2 planes collide midair over Cherry Creek State Park(5/12)

Return Top