Switch news

知っておきたい世界のニュース

まるで「地獄への扉」、ロシアの鉱山に巨大なクレーターが出現

まるで「地獄への扉」、ロシアの鉱山に巨大なクレーターが出現
Twitter/Gurbaksh Singh Chahal

ロシアのスキーリゾートの近くで、巨大な穴が開いているのが見つかり、住民らが避難したという。

 

幅30メートルほどの穴が出現

 

そのクレーターが見つかったのは、シベリアのケメロヴォ地域にあるSheregesh鉱山とされている。

 

この鉱山は人気のスキーリゾート付近にあるが、先日地表が陥没し、幅100フィート(約30m)のクレーターができたという。

 

すでに以前から穴は広がっていたらしく、付近にある4軒の住宅の住民は、崩落の恐れがあるため、あらかじめ現場から移動させられていたそうだ。

 

スポンサーリンク

永久凍土の上層からガスは放出

 

このクレーターは、北極圏の永久凍土の上層部から、ガス(メタン)が放出した結果できたと考えられている。

 

ただしこのような穴の形成はまだ非常に稀で、2014年以降、20個しか見つかっていない。

 

しかもその多くは巨大なもので、北極圏のギダン半島のものは幅650フィート(約198m)にも及んでいるそうだ。

 

Sheregesh鉱山は製鉄大手の企業「EVRAZ」が所有しており、地区政府と「EVRAZ」は、将来的にこの穴を埋めるつもりだとしている。

 

Sheregeshは、ロシアで最も人気のあるスキーリゾートの一つで、雪質が良いとされ、スキーシーズンは6カ月間続くという。また毎年春には、有名な水着スキー大会が行われるそうだ。(了)

 

出典元:MailOnline:Enormous 100ft-wide ‘Gate to Hell’ sinkhole opens up near Russian ski resort at ‘sanctioned mine linked to Roman Abramovich’(12/12)

出典元:Newsweek:Giant ‘Gate to Hell’ Crater Opens Up in Russian Town(12/15)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top