宇宙ステーションから撮影された巨大ハリケーン「イルマ」の映像をNASAが公開

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

※当初、ハリケーンのカテゴリーを「6」とお伝えしましたが、もう一度他の情報を調べた結果、「5」であることが判明しました。お詫びして訂正いたします。

 

現在、大西洋上に巨大なハリケーンが発生しており、その姿が上空から撮影された。

 

カテゴリー5の大型のハリケーン

 

そのハリケーンとは「イルマ」と呼ばれており、現在カリブ海へ向け、西へと進んでいるという。

 

規模はカテゴリー5とされているが、テキサス州に大きな被害を及ぼしたハリケーン「ハービー」と同じか、もしくはそれを凌ぐ勢力と言われている。

 

この巨大なハリケーンの姿をNASAが国際宇宙ステーションから撮影。YouTubeやツイッターに公開した。YouTubeで公開された映像では、その規模の大きさが伺える。

こちらの映像は非常に短くて、早回しをしたものだが、ハリケーンの中心部分がはっきりと写っており、その内部で渦を巻く姿が捉えられている。

最大瞬間風速は82m(185mph)にも及ぶという。

 

下の動画は8月30日に投稿された映像。

アメリカ南部のフロリダを直撃か

 

ハリケーン「イルマ」は今後、バージン諸島やプエルトリコ、イスパニョーラ島、バハマ、そしてキューバへ向かうという。

しかしその後はジェット気流に乗り、西北西へと進路を変更。さらにバミューダ高気圧の縁を回り、北上しながらアメリカ南東部のフロリダなどを直撃するとみられている。

 

しかも現在も勢力を拡大し続けており、ここ数年で最も強力なハリケーンになると考えられているとか。

 

そのため当局はすでにフロリダや近隣の島々に対し、非常事態を宣言。降水量が250mm、波も7mに到達すると予想されるため、土砂崩れや川の増水、高波などに警戒を呼びかけているそうだ。

 

またNational Hurricane Centerも「極めて危険な状態になった。イルマが直撃すると予想されるエリアでは、早急に避難準備を行うべきだ」と語っている。

 

アメリカでは先々週に「ハービー」で大きな被害が出たばかりだが、アメリカも含め他の国々でも大きな災害が発生しないことを願う。(了)

 

出典元:METRO:Incredible Nasa video shows Hurricane Irma eye as it powers towards US(9/5)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!


  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •