Switch news




コロンビアのビーチに突然ワニが出現、多くの海水浴客もビックリ!

コロンビアのビーチに突然ワニが出現、多くの海水浴客もビックリ!
Facebook/CAYMAN AGUJA EN LA PLAYA

南米のコロンビアで海水浴客が集まるビーチに、突然大きなワニが現れ、多くの人を驚かせた。

 

気づいた若者たちが逃げていく

 

そのワニはアメリカワニという種類で、コロンビア北部の町、Santa MartaにあるTayrona国立公園内のビーチに姿を現したという。

 

当時、ビーチには多くの海水浴客がいたが、突然木の影から大きなワニが現れ、ビックリ。

 

撮影された動画にも、若者たちが急いで逃げていく場面が映っている。

 

人間とワニも保護するためビーチを閉鎖

 

国立公園のレンジャーらは、その後ビーチを閉鎖し、海水浴客に立ち退くよう指示したという。

 

これは好奇心で撮影する人々からワニを保護するためであり、同時に危険な爬虫類から皆を守るための処置と考えられている。

 

国立公園の責任者であるLuz Elvira Angarita氏は、次のように述べている。

 

「このエリアで、クロコダイルを見ることは決して珍しいことではありません。このことは公園内にいる動物たちの多様性にとっては、良い兆候です。これらの生息域は人々が楽しむための場所だけでなく、野生動物の種を保護するための場であると覚えておくことは重要です」

 

コロンビアで「Caiman Aguja」として知られるアメリカワニは、大きいもので6.1mまで成長し、907kgにまでなるという。

 

またこのワニは基本的に人間にとって危険ではあるが、他の種に比べるとそれほど攻撃的ではないそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Make it snappy! Tourists flee in terror as crocodile walks onto beach in Colombia(1/15)

出典元:Mirror:Holidaymakers flee beach in terror as crocodile appears from bushes(1/16)

Return Top