Switch news




野生かと思いきやペットだった!14年間も毎日一頭で散歩に出かける馬が話題に

野生かと思いきやペットだった!14年間も毎日一頭で散歩に出かける馬が話題に
Facebook / Keith Anderson

飼い主を持つ動物がたった一匹で散歩している姿なんて、猫はともかく犬であってもなかなか見かけない光景だ。

 

そんな常識を覆すかのように、毎日一頭で散歩に出かける“馬”が話題となっている。

 

14年間にもわたり毎日同じ道を散歩する馬

 

毎日、散歩に出かける“馬”として話題になっているのは、ドイツのフランクフルトに暮らす“Jenny”。

 

Jennyはなんと14年間にもわたり、毎朝たったひとりで同じルートを散歩している。

 

ただ、街中を歩くJennyを見て通行人が驚かないよう、散歩の際には“私の名前はJennyと言います。私は逃げたりしません。ただ散歩しているだけです。ありがとうございます”と書かれたカードをぶら下げているそうだ。

 

Jennyがたった一頭で散歩する理由とは?

 

飼い主のWerner Weischedelさん(79)によると、Jennyをたった一頭で散歩させているのには理由があるという。

 

Weischedelさんいわく、Jennyは散歩を始める前は“キャラバンの一員”だったとのこと。

 

以前、Weischedelさんはもう一匹の馬“Charlie”とシェパードの“Evita”を飼っており、妻のAnnaさんと共に隊を組んで通りを散歩していたという。

 

しかしCharlieが死に、Weischedelさん自身も馬に乗るには老いを感じるように。

 

そのためWeischedelさんは、Jennyに一頭で散歩に行かせることを決心。

 

以来毎朝玄関の扉を開け、Jennyはたったひとりで、かつてWeischedelさんと共に散歩した道のりを歩いているのだという。

 

ちなみにEvitaは、今でも時折Jennyと共に散歩をすることもあるということだ。

 

Facebook / Werner Weischedel

住民の間からは好意的に受け止められる

 

一方、気になるのはこれに対する人々の反応だ。

 

ソーシャルメディア上では、Jennyを一頭で散歩させることはJenny自身の安全と、人々の安全を無視する行為であるとの批判の声も上がっている。

 

しかし住民の間からは、Jennyの存在は好意的に受け止められているとのこと。

 

担当獣医のMaren Helligeさんも、散歩時のJennyについて「とてもリラックスし、満足しているように見える」としている。

 

また地元警察も、14年間にもわたる中でJennyの散歩時に事故が起きたことは一度もないとしている。

 

Facebook / Keith Anderson

 

14年間も一頭で散歩をしていながら、事故を起こしたこともないというJenny。今後も彼女の散歩を遠くから見守っていきたいところだ。(了)

 

 

出典:Boredpanda:Horse Goes On A Walk Alone Every Day For 14 Years, Receives Pets And Treats From Residents

出典:Mnn.com:A horse named Jenny takes a daily stroll through the streets of Frankfurt(4/19)

Return Top