Switch news

突然、体が痙攣しコロン…珍しい先天性ミオトニーのワンコの姿が撮影される

突然、体が痙攣しコロン…珍しい先天性ミオトニーのワンコの姿が撮影される
YouTube/ViralHog

興奮したりすると体が麻痺してしまう、珍しい症例のワンコが、イギリスのメディアで紹介されている。

 

池を散歩中に倒れてしまう

 

そのワンコとは、イギリスで暮らすコッカースパニエル犬の「ピーター」だ。

 

「ピーター」は、「先天性ミオトニー(筋強直症:Myotonia Congenita)」と呼ばれる病気を抱えており、興奮したり怯えたりすると、体が痙攣し、筋肉も硬直して、いつも倒れてしまうという。

 

この「先天性ミオトニー」は人間やヤギなどに起きることは知られているが、犬でこのような症例を示すケースは稀だとされている。

 

下の動画は飼い主によって撮影されたもので、この時「ピーター」は池にいたカモに興奮して、倒れてしまったそうだ。

 

ケガはしておらず、数秒で元に戻る

 

ちょっとショッキングな映像だが、飼い主によれば、このような状態で倒れても、「ピーター」はケガをしたり、痛みを感じたりはしていないという。

 

そして痙攣は時や場所を選ばす、ランダムに起きるが、いつも数秒たつと元通りになり、何事もなかったように動き出すという。

 

下は以前話題になった、「先天性ミオトニー」の遺伝的性質を持つ、ヤギの動画。ブランコで遊んでいると、突然コロッと倒れてしまう。

 

 

「先天性ミオトニー」の仕組みはよく分かっていないそうだが、通常脳から筋肉に送られるシグナルがうまく機能せず、体が麻痺すると考えられている。

 

体が痙攣するのは苦しいだろうが、これからも元気に暮らしてほしいものだ。(了)

 

 

出典元:METRO:Fainting dog collapses at sight of ducks(6/12)

参考:NATIONAL GEOGRAPHIC:【動画】ヤギがブランコで「気絶」、原因は遺伝(2017/2/13)

Return Top