Switch news

知っておきたい世界のニュース

米空母でも新型コロナの感染確認、「セオドア・ルーズベルト」の乗員23名が陽性

米空母でも新型コロナの感染確認、「セオドア・ルーズベルト」の乗員23名が陽性
flickr_Official U.S. Navy Page

アメリカ海軍の大型空母の乗組員が検査を受け、新型コロナウイルスに感染していることが明らかとなった。

 

5000名全員の検査を予定

 

軍関係者によれば、その空母とは現在太平洋で活動を続けている「セオドア・ルーズベルト」で、少なくとも23名の乗組員に新型コロナウイルスの陽性反応が出たという。

 

このため海軍は空母にグアムの港に留まるよう命令。5000名の乗組員全員の検査を今後、行う予定としている。

 

軍関係者は、乗組員らが空母という狭い空間にいたため、感染が広がっている可能性を懸念しているそうだ。

 

空母で感染が確認されたのは初めて

 

この事実が最初に発表されたのは、3月24日。当時は感染者が3名と報告されていたが、3月26日までに感染者が23名にまで増加した。

 

アメリカ海軍の空母内で感染者が出たのは、これが初めてとされている。Mike Gilday提督は当時、声明で次のように述べていたという。

 

「検査は続けられており、陽性となった追加の症例が、セオドア・ルーズベルト内で見つかりました。私たちはこの脅威を深刻に捉えており、艦内でのさらなるウイルスの広がりを防ぐとともに、陽性となった人物を特定し、隔離する作業を急いで進めています。現在までに1人の水兵も病院へ運ばれたり、深刻な症状に陥ったりはしていません」

 

移動制限、検査数を増やすよう努力

 

関係者によれば、空母はアメリカ領内にある埠頭に留まる予定で、乗組員は移動を制限され、桟橋のみ利用できることになるという。

 

また現在、この空母に乗船している医療チームが米疾病管理予防センターのガイドラインに則り、検査を実施しており、検査の割合を出来る限り増やすよう作業を進めているそうだ。(了)

 

 

出典元:ABC News:23 sailors on US Navy aircraft carrier test positive for coronavirus(3/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top