Switch news

知っておきたい世界のニュース

ドイツの女性レポーター、洪水被害の街で、自ら服に泥を塗り物議に

ドイツの女性レポーター、洪水被害の街で、自ら服に泥を塗り物議に
Twitter/Eddie Graf

ドイツ人の女性レポーターが、洪水被害にあった街で自らの服に泥を塗り、その映像がネットに投稿された。

 

洪水被害の街を取材中、服に泥を塗る

 

そのレポーターとは、RTLというテレビ局のSusanna Ohlenさんだ。

 

彼女は先日、洪水の被害にあったBad Munstereifelの街を取材し、レポートしていたという。

 

そしてRTLはその後、「数多くの著名な人々も手を貸し、地元の人々を支援している。Susanna Ohlenもその1人だ」とネットに投稿した。

 

しかし7月22日、Ohlenさんが現場で自分の服に泥を塗る動画がネットに投稿された。それがこちら。

 

疑いが高まり、停職にさせられる

 

Ohlenさんは自らのインスタグラムにおいても、人々に対し「もし家にシャベルや手押し車があれば、ここに来て、片付けを手伝ってください」と訴えていたという。

 

しかし自ら泥を塗っていたことで、やらせ疑惑が持ち上がり、RTLは22日にOhlenさんを停職処分にすると発表。次のように述べた。

 

「私たちのレポーターのアプローチは、明らかにジャーナリズムの原則と私たちの基準に反しています。そのため、我々は月曜日に彼女に休暇を与えました」

 

本人の言い分とは?

 

その後、Ohlenさんは声明を発表し、謝罪した。それによれば彼女は、RTLの朝の番組「グッドモーニング・ジャーマニー」で撮影する前、数日間にわたって現地で支援活動を行っていたという。

 

しかし本番前、汚れていない服装でカメラの前に立った時に恥ずかしいと感じ、何も考えず、服に泥を塗りつけてしまったと語っている。

 

ドイツでは先日の洪水で、少なくとも173名が死亡。まだ158人が行方不明になっており、もはや遺体は見つからないのでは、と懸念されているという。(了)

 

出典元:RT:German TV reporter suspended by RTL after smearing mud on herself to dramatize on-scene report from deadly flood’s aftermath(7/22)

出典元:BBC:German TV apologises for smearing mud on clothes at flood site(7/23)

Return Top