Switch news

知っておきたい世界のニュース

落書きされたホッキョクグマ、鎮静剤を打たれた時に描かれたと科学者が推測

落書きされたホッキョクグマ、鎮静剤を打たれた時に描かれたと科学者が推測
Instagram/vesma.today

ロシアでホッキョクグマの体に落書きがされているのが見つかり、その映像がSNSに投稿され、物議をかもしている。

 

旧ソ連の戦車の名前が書かれていた

 

その映像をFacebookに投稿したのは、世界自然保護基金(World Wildlife Fund :WWF)のメンバーであるSergey Kavryさんだ。

 

そこには「T-34(旧ソ連の戦車)」と体に書かれたホッキョクグマが、さまよっている様子が映っていた。

 

この動画は注目を集め、その後地元のメディアによってシェアされたという。

 

ただしどこで、どのような経緯で動画が撮影されたのか、また誰が落書きをしたのかなど、詳細は分かっていない。場所はロシアの北極圏とみられているが、現在調査が進められている。

 

鎮静剤を打たれた状態で描かれた可能性

 

Kavryさんによれば、その動画は最初、ロシア極東のチュクチ自治管区に住んでいる人々の、WhatsAppのグループでシェアされていたという。

 

また彼自身は動画が撮影されたその地域について詳細は知っておらず、もしこの文字が軍事(戦車)に関するテーマの文字だとすれば、歴史に対しても無礼なことだと語っている。

 

また北部に住む動物問題の研究者である Anatoly Kochnev氏は、ホッキョクグマが鎮静剤などを打たれずに、体に文字が描かれた可能性は低いと指摘。

 

その理由として、文字が平らな状態で書かれ、その大きさも皆同じサイズだからだと述べている。

 

描かれたのはハバロフスク地方か?

 

またKochnev氏は、これが描かれたのはハバロフスク地方の街、ノーヴァヤ・ゼムリャではないかと推測。実は先日、そこでは専門家チームが生息エリアでさまよっていた、ホッキョクグマに鎮静剤を打っていたという。

 

そしてこのスプレーが落ちるには数週間かかるとし、北極圏の氷や雪の中で獲物を狩る時に、(カモフラージュするため)白い毛に頼っている動物には問題を引き起こす可能性があると指摘している。

 

一方、ロシアのメディアは、最近多くのホッキョクグマが人々のいる場所に出没しており、そのことに対する地元住民の怒りと、この落書きが関係しているとの見方を示している。

 

 

出展元:BBC:Polar bear spray-painted with ‘T-34’ baffles Russia wildlife experts(12/3)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top