Switch news

知っておきたい世界のニュース

ボツワナでゾウが謎の大量死、5月初旬から350頭が死亡、原因はいまだ不明

ボツワナでゾウが謎の大量死、5月初旬から350頭が死亡、原因はいまだ不明
Twitter/WildAid

アフリカ内陸部のボツワナ共和国で、過去数カ月の間に数多くの野生のゾウが死んでいるのが発見され、原因究明が急がれている。

 

前例のない規模の大量死

 

ボツワナ政府によれば、過去2カ月に渡り、数百頭のゾウが死んでいるのが見つかったが、この数は前例のないものだという。

 

しかもすでにサンプルを採取し、調べているが、結果は数週間先となり、いまだに原因は突き止めてられていないそうだ。

 

イギリスに拠点がある慈善団体「National Park Rescue」のNiall McCann博士は、5月の初め以来、彼の同僚らによって調査された結果、ボツワナ北部にある「Okavango・デルタ(三角州)」周辺で、350頭以上のゾウの死骸が発見されたと語っている。(下のツイートにはゾウの死骸が映っているため、閲覧にはご注意いただきたい)

 

性別や年齢に関係なく、あらゆるゾウが死亡

 

McCann博士によれば、5月の初旬に地元の保護活動家らが飛行機に乗ってデルタを調べたところ、3時間の飛行で169頭のゾウの亡骸を見つけ、政府に通報したという。

 

さらにその1カ月後に調査を行ったところ、再び多くの死骸を確認。合計で死んだゾウの数は350頭以上に上ったそうだ。McCann博士は「干ばつとは関わりのない出来事で、これだけ多くの数のゾウが一度に死んでいるという点を考えれば、これは全く前代未聞だ」と述べている。

 

ボツワナ政府は当初から、死んだゾウの牙が抜かれていなかったため、「密猟」の可能性を排除していたとか。

 

しかも死んでいるのはゾウだけで、他の野生動物に影響はないとみられ、McCann博士も「もし密猟者によってシアン化合物(青酸カリなど)が使われたなら、他の(動物の)死骸が見つかるはずだ」と述べている。

 

また英ガーディアン紙によれば、性別にかかわりなくあらゆる年齢のゾウが死んでおり、生き残った数頭も弱々しく、やつれているという。このため今後数週間に渡って、さらに多くのゾウが死ぬ可能性が示唆されている。

 

毒や病気の可能性も排除できない

 

昨年には、自然の炭疽菌により少なくとも100頭のゾウが死んでいるが、McCann博士は、この菌による今回の大量死の可能性を排除している。

 

しかしそれでも現段階では、毒も病気の可能性も除外できない。

 

多くのゾウたちは頭から地面に倒れる形で死んでおり、他のゾウが円を描くように歩いている姿や、歩行が困難な様子も複数目撃されていることから、神経系のシステムが何かによって攻撃された可能性も考えられているとか。

 

どちらにせよ原因がわからなければ、人間の間に病気が広まっていく可能性も排除できない。特に水や土壌が原因である場合はなおさらだ。

 

McCann博士は、Covid-19の感染が動物から始まっている点も指摘。今回の大量死が保護活動にとって打撃(災害)であると同時に、人間社会の公衆衛生にとっての危機にもなりうると述べている。

 

一方、ボツワナ野生動物国立公園省のCyril Taolo博士は、英ガーディアン紙に対して、「現時点で350頭のうち280頭のゾウの死亡を確認している」と述べており、現在残りの確認作業を行っているという。

 

また現在、サンプルを検査のために送っており、数週間後には結果が分かるとしながらも、Covid-19 の制限がサンプルの輸送を妨げているとも述べている。

 

ボツワナには、アフリカのゾウの3分の1が暮らしていると言われている。(了)

 

 

出典元:BBC:Hundreds of elephants found dead in Botswana(7/1)

出典元:The Guardian:Hundreds of elephants dead in mysterious mass die-off(7/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top