Switch news

知っておきたい世界のニュース

オーストラリアで漁師が、イルカに似た不思議なサメを釣り上げる

オーストラリアで漁師が、イルカに似た不思議なサメを釣り上げる
YouTube/Storyful Viral

オーストラリアで、不思議な顔をしたサメが釣り上げられ、その動画が注目を集めている。

 

鼻の先端が変形したサメ

 

その漁師とは、ジェイソン・モイス(49)さんだ。彼は先日、ニューサウスウェールズ州南岸の沖合で漁をしていたという。

 

するとヨシキリザメと思われるサメを釣り上げたのだが、鼻の先端が変形し、イルカのような奇妙な顔をしていたそうだ。

 

モイスさんは釣り上げる際、水中にカメラを沈め、そのサメの動画を撮影しており、その後フェイスブックに投稿した。

 

スポンサーリンク

サメが船にぶつかって負傷か?

 

モイスさんは、この珍しい顔をしたサメを皆に見てもらい、潰れた鼻をどう思うか、知りたいと思いフェイスブックに投稿したという。

 

しかし、誰も正確な原因についてはわからず、多くの人は、サメが船にぶつかって負傷したと考えているそうだ。

 

またユーザーの中には冗談で「母親がイルカにぶつかったんだと思う」や「パブ(居酒屋)で喧嘩したんだと思う」とコメントした人もいたという。

 

さらに以前、サメに襲われても生還した「プロサーファーのミック・ファニング氏に殴られたんだよ」といった意見も寄せられたそうだ。

 

ミック・ファニング氏は、2015年に南アフリカで開催されたサーフィン大会で、襲ってきたホオジロザメと思われるサメに殴りかかり、安全な場所へ逃げることに成功したと言われている。(了)

 

出典元:MailOnline:Stunned fishermen find a bizarre blue shark with a deformed nose that makes it look like a DOLPHIN(2/15)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top