ウイグル族の女性に中国人との結婚を強制か?少数民族の同化政策に怒りの声


ウイグル人の女性と中国人男性が結婚する動画が公開され、多くのネットユーザーが怒りの声を上げていると、台湾のメディアが伝えている。

 

少数民族を同化させるプログラム

 

Taiwan Newsによれば、その結婚式の動画は中国政府に異議を唱えているウイグル人のフェイスブック・グループ「Talk to East Turkestan」上で、5月26日に投稿されたという。

 

そのグループは投稿において、中国政府が強制的にウイグル人の女性と中国人(漢人)の男性を結婚させていると主張。この動画は、新疆にいる少数民族を中国に同化させるプログラムの1部を示したものだと語っているそうだ。

 

 

実際、動画では結婚式の司会者が新郎に対し「彼女と知り合ってどのくらいか」と尋ね、新郎が「2カ月」と答えていたとか。

 

また確かに動画の中のウイグルの女性は、嬉しそうな笑顔を浮かべる代わりに、まるで結婚が強制されているかのように、悲しげな表情をしている。

 

ウイグルの家族が娘の結婚を強制された

 

また5月27日にもこのグループはもう1つの映像を投稿。ウイグル人の男性が強制収容所に収監されている間に、ウイグルの家族が娘と漢人男性との結婚を強制されたと述べているという。

 

これ以外にも彼らは1949年以来、中国が進めている新疆での8つの同化政策を公表。中国政府がウイグル文字の中国化や本の検閲、イスラム名の禁止、カシュガルにある伝統的な建物の破壊などを進めてきたと主張している。

 

その上でフェイスブックの投稿には、次のように書かれていたそうだ。

 

「あらゆるウイグルの男性を強制収容所へ入れた後、中国政府はウイグルの女性を強制的に中国人と結婚させている。民族浄化(集団虐殺)が公の場で行われている。しかしチュルク語族の国やイスラム教国を含めた国際社会は、ウイグルにいるムスリムの兄弟や姉妹の叫びを無視し続けている」

 

Facebook/Talk to East Turkestan

台湾のユーザーが怒りのコメント

 

この結婚式の動画を見た台湾のネットユーザーらは、怒りを込めて次のようなコメントを寄せているそうだ。

 

「世界で最も大規模な民族浄化(大量虐殺)が起きているのを許していいのか」

「女性の権利を守る国際的な組織はどこへいった?どうして彼らは沈黙していられるんだ?」

「これはとても不幸な結婚式だと思う」

「これは本当にムカつく」

 

またある人物は「例えこれが起きたとしても、多くの国際的な人権団体は行動を起こさないだろう」とも語っているという。

 

実はここ近年、多くのウイグルの人間が理由もなく、強制収容所に送られているという報告が数多く寄せられてきた。

 

また数年前から、新疆ウイグル自治区では少数民族と漢人とのカップルには政府が金銭的な支援を行うという経済原理を活用してまで、同化政策が行われてきたという。

 

まだフェイスブックの情報だけでは、この動画での結婚式が本当に強制されたものかは判断できないが、少なくとも残酷な同化政策が強く推し進められているのは事実に違いない。(了)

 

出典元:Taiwan News:Netizens outraged by ‘gene washing’ wedding between Chinese man and Uyghur woman(5/28)

参考:Newsweek:ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった(2/16)

参考:South China Morning Post:Uygur-Han Chinese couples offered 10,000 yuan a year to marry in Xinjiang county(2014/9/3)