Switch news

World News Odyssey

Pickup

超キュートなタコの赤ちゃん、ハワイの研究者がプラスチックゴミの間で発見

超キュートなタコの赤ちゃん、ハワイの研究者がプラスチックゴミの間で発見
Instagram/usinterior

ハワイの研究者がサンゴ礁をモニターしている際に、非常に小さなタコの赤ちゃんを2匹見つけ、それがSNSに投稿された。

 

ゴミの間に浮かんでいた赤ちゃん

 

このタコを発見したのは、Kaloko-Honokohau国立歴史公園の海洋生態学者であるSallie Beaversさん。

 

彼女によればこのタコの赤ちゃんはグリーンピースほどの大きさで、Beaversさんらが海の清掃活動を行い、プラスチックのゴミを拾っている時に、この2匹を偶然見つけたそうだ。

 

View this post on Instagram

While taking a surface break from coral reef monitoring, marine biologists from #Hawaii’s Kaloko-Honokōhau National Historical Park picked up several items of floating plastic marine debris. This beautiful little octopus 🐙 was found among the debris. Two octopus species here in Hawaii (the "round spot" and "crescent-spot") only grow to the size of a golf ball and weigh a max of 3 ounces, while the octopus ornatus (the most common octopus found in Hawaii) grows to about 2 feet long. On her next dive, Geoscientists in Parks intern Ashley Pugh released the octopus safe and sound in a small protected space. Photo by #NationalPark Service. #usinterior #findyourpark #cuteanimal #marinelife

A post shared by U.S. Department of the Interior (@usinterior) on

米内務省がSNSに投稿する

 

ハワイ沖で観察される2種のタコ(丸い斑点と三日月型の斑点をしたタコ)は、大人になってもゴルフボール大までしか成長せず、重さも85gまでしかないという。

 

一方、よく見かける「octopus ornatus」というタコは成長すると、腕(足)を広げた長さは2フィート(約60cm)にも及ぶとか。

 

Beaversさんらがこのタコを発見したのは1カ月前。しかし先週、アメリカ内務省がこの写真をSNS上に投稿したという。

 

タコの赤ちゃんは生まれてから通常、海にある木材や浮かんだゴミの下などに隠れて、数カ月を過ごすそうだ。

 

またBeaversさんによれば、このタコの赤ちゃんは海へ逃がす時に、わずかな墨を放ったという。

 

このかわいい写真はインスタグラムに投稿された後、3万6000人以上から「いいね」が贈られ、写真を見た人からも「これは驚きだ!僕はこれが欲しいよ」「とってもキュート、半透明で、素晴らしい」「可愛らしい」といったコメントが寄せられている。(了)

 

出典元:NYPost:Scientists find tiny baby octopuses floating on Hawaii trash(10/24)

Return Top