Switch news

知っておきたい世界のニュース

カナダに衝撃!J・トルドー首相の妻が、新型コロナの検査で陽性反応

カナダに衝撃!J・トルドー首相の妻が、新型コロナの検査で陽性反応
Twitter/Justin Trudeau

カナダのジャスティン・トルドー首相の妻が、新型コロナウイルスの検査を受け、その後陽性だと判明した。

 

妻が感染したことを発表

 

トルドー首相の妻、Sophie Grégoire Trudeau さんは3月12日の夜に、声明を発表。イギリスから帰国した後に、新型コロナウイルスの検査を受け陽性になったと語った。

 

症状については軽症とのことだが、今後14日間隔離状態になる予定だという。

 

 

Sophie Grégoireさんは声明で次のように述べている。

 

「私には厄介なウイルスの症状が出ていますが、間もなく自らの足で戻ってくるでしょう。自宅で隔離されることは、この病気を経験しているかもしれないカナダ人の家族、または深刻な健康への懸念に直面している人々に比べれば、なんでもありません」

 

首相は2週間リモートワーク

 

トルドー首相には新型コロナウイルスの症状は現れておらず、健康面は良好だとされている。

 

しかし妻が感染したことで、今後2週間は自宅で待機し、リモートワークをする予定だという。また3月13日にカナダ国民に向けて演説を行った。

 

ただし新型コロナの影響による経済の落ち込みや、石油価格の下落を議論する会議への出席は変更されるようだ。

 

他の政治家たちも自宅待機を選択

 

もっとも自ら自宅待機するのは、内閣でトルドー首相が初めてではない。

 

Mary Ng貿易大臣や、Seamus O’Regan天然資源大臣もすでに自ら自宅待機を行っているという。

 

O’Regan大臣とトルドー首相は、最近トロントで行われた鉱業に関する会議に出席しており、その後会議に参加していた1人が新型コロナウイルスに感染しているとの診断を受けた。

 

このためO’Regan大臣は自宅待機をしているのだが、保健当局は現在、会議に出席していた2万5000人に対しコロナウイルスの徴候がないかどうか、チェックするよう求めている。

 

またカナダの新民主党のJagmeet Singh党首も、新型コロナウイルスに感染してはいないが、具合が悪くなったために、医者からのアドバイスを聞き入れて自宅待機しているそうだ。

 

カナダでは現在(3月13日)、確認された新型コロナの感染者が140名おり、1名が死亡しているという。(了)

 

出典元:The Guardian:Justin Trudeau in self-isolation after wife Sophie tests positive for coronavirus(3/13)

Return Top