Switch news

スペインの「ストーンヘンジ」と呼ばれた遺跡、約50年ぶりに湖から姿を現す

スペインの「ストーンヘンジ」と呼ばれた遺跡、約50年ぶりに湖から姿を現す

約7000年前に作られたスペインにある巨石のモニュメントが、干ばつの影響で湖の底から姿を現した。

 

約50年ぶりに完全な形で姿を現す

 

そのモニュメントとは「グアダルペラルのドルメン(Dolmen of Guadalperal)」。100個以上の大きな岩が円形に並べられており、スペインの「ストーンヘンジ」と呼ばれているという。

 

この遺跡はマドリードの西部、ナバルモラル・デ・ラ・マタの街の付近にあるのだが、1960年代にスペイン政府が電力を賄うために水力発電を建設。そこへ水を供給するために貯水池を作った結果、1963年には水没してしまったそうだ。

 

もっともその後も水位の変化により、大きな石の先端部分が見えることもあったそうだが、今回極端な干ばつの影響で湖の水位が下がり、約50年ぶりに完全な形で姿を現した。

 

Wikipedia

1920年代にドイツ人考古学者が発掘

 

「グアダルペラルのドルメン」の遺跡は1920年代にドイツ人の考古学者、Hugo Obermaier氏によって発掘されていたが、1960年代まで公に発表されていなかったという。

 

しかもその後は、貯水池ができ、水が注がれたことによって水底へ沈んでしまうことに。

 

考古学者は、この遺跡が巨大なストーンキャップを備えた、密閉構造の一部と考えているそうだ。

 

そしておそらく遺跡は、お墓や貿易拠点、または宗教儀式を行う場所として使われたとみられている。

 

イギリスにあるストーンヘンジが今から4500年前から4000年前頃に作られたとみられていることから、この「「グアダルペラルのドルメン」はそれより2500年か、3000年も古いことになる。

 

ヨーロッパを襲った熱波の影響で今年の7月や8月は、スペイン中で平均よりも気温が高く、乾いた気候が記録されたという。(了)

 

 

出展元:NBC:Drought exposes long-submerged ‘Spanish Stonehenge’ monument(9/29)

Return Top