Switch news

知っておきたい世界のニュース

恋人のシャツの匂いでよく眠れる、睡眠サプリと同じ効果:大学調査結果

恋人のシャツの匂いでよく眠れる、睡眠サプリと同じ効果:大学調査結果
The University of British Columbia

つき合っている相手の匂いを嗅ぎながら寝ると、睡眠の質が向上するらしい。カナダ・ブリティッシュコロンビア大学が155人を対象に実験した結果、それが分かった。

 

本人がいなくても匂いだけで

 

ブリティッシュコロンビア大学が行った実験はこういうものだ。まず、見た目が全く同じ2枚のTシャツを被験者に渡す。一方には、被験者のパートナー(つき合っている相手)の匂いがつけてある。もう一方は洗い立てか、見ず知らずの人の匂いをつけたもの。

 

Tシャツに匂いをどうやってつけたかというと、パートナー(あるいは他人)に香りのついた化粧品や衛生用品、喫煙、エクササイズ、臭いの強いものの飲食を禁止したうえで、24時間Tシャツを着てもらったとのこと。その後、Tシャツは冷凍保存された。

 

Tシャツを受け取った被験者は、それを枕の上に敷いて寝る。1枚につき2晩連続で寝て、朝には大学が用意した調査アンケートに回答する。また、睡眠を客観的に評価するためのアクチグラフでもデーターを取ったそうだ。

 

(アクチグラフは加速度センサーがついた腕時計型の装置で、微小な動きを記録するもの。就寝中の睡眠/覚醒パターン分析などに使われる)

 

実験の結果はというと、パートナーの匂いと寝たときの方が、睡眠の質が高くなった。被験者が回答したアンケートにそれが示されていただけでなく、アクチグラフのデータでも確認できたという。実験に携わったFrances Chen准教授はこう話す。

 

アクチグラフのデータには、パートナーの匂いがあると(中途覚醒による)動きの回数が減る、と出ていました。

その匂いがパートナーのものであることを、被験者自身が自覚していない場合でも、やはり減っていたのは驚きです。

メラトニンと同程度の効果

 

今回の実験をリードした同大学心理学部の院生、Marlise Hoferさんによれば、匂いつきTシャツで「睡眠効率が2%向上した」とのこと。これは、「睡眠を助けるためによく使われるメラトニンサプリメントと同様の効果」になるそうだ。

 

パートナーの存在は、安全、平穏、くつろぎといった感覚と関連が深いという。今回の実験では、パートナーの匂いからその感覚が呼び起こされ、その結果よく眠れるようになったのだろう、と研究者たちは考えている。(了)

 

出典元:The University of British Columbia:Smelling your lover’s shirt could improve your sleep(2/13)

出典元:Good News Network:Smelling Your Lover’s Shirt Could Improve Your Sleep As Much as Sleeping Aids(2/17)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top