Switch news

知っておきたい世界のニュース

【新型コロナ】高い湿度と直射日光によりウイルスが2分で半減:米国土安全保障省

【新型コロナ】高い湿度と直射日光によりウイルスが2分で半減:米国土安全保障省
CDC

アメリカの政府高官が記者会見において、新型コロナウイルスが直射日光などの影響を受けやすいことなどを明らかにした。

 

紫外線と気温、湿度の影響を発表

 

米国土安全保障省の科学技術顧問を務めるBill Bryan氏は4月23日、ホワイトハウスで記者会見を開き、紫外線と温かい気候が新型コロナウイルスに与える影響について語った。

 

それによれば、物の表面に付着した新型コロナウイルスは、気温21℃から24℃の時に直射日光に晒された場合、わずか2分で半減するという。

 

その上でBryan氏は次のように語っている。

 

「私たちの最も目覚しい観察結果は、太陽光線の強力な効果です。(略)また私たちは気温や湿度についても、似たような効果があると見ています。気温や湿度、またその両方が上昇した場合も、ウイルスにとって好ましいものではありません」

 

高い湿度と太陽光により数分で半減

 

Bryan氏によればウイルスの半減期、つまりウイルスが腐敗し、その数が半分になるまでにかかる時間は、温かい気候になって紫外線のレベルが高くなるに従い、劇的に短く(少なく)なっていくという。

 

実際に、気温21℃から24℃で湿度が20%の場合、非多孔質のもの(例えばノアノブやステンレス製品)に付着した新型コロナウイルスの半減期は18時間だが、湿度が80%に上昇すると、半減期は6時間になるという。

 

しかもそこに太陽光が均一に照射されると、半減期はわずか2分にまで短縮するそうだ。

 

さらに新型コロナウイルスがエアロゾル化、つまり空気中に漂っている場合、気温21℃から24℃で湿度が20%の場合なら半減期は1時間。そこに太陽光が加わると、半減期が1分30秒にまでなったという。

 

夏になれば感染者や死者数も減る可能性

 

これにより、夏の状況になると、新型コロナの感染者や死者の数も劇的に減る可能性があるとの見方を示した。Bryan氏は次のように語っている。

 

「ウイルスはより高い気温にさらされると、急速な割合で死んでいきます。要約すれば、この条件で私たちがテストを行ったところ、唾液にあるウイルスが生き残るためには、室内で乾燥した状態が最も適している。直射日光がある状況では、ウイルスは唾液の中では生き延びられず、最も早く死にます」

 

その一方で、ウイルスは例え気温が高くなっても、直射日光があたっていないところ(影になった場所など)では生き続けている可能性があるという。

 

このため夏の気候がウイルスを殺すとまでは言えないとして、現在行われている「人との距離を保つこと」や「自宅にとどまること」などのガイドラインを守るよう呼びかけている。

 

またMailOnlineでは、今回の実験において「紫外線の波長や強さがどの程度だったのか、正確に自然の状態を模倣したのかなどが、鍵になる」と主張する他の研究者の指摘も紹介している。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Coronavirus dies in SUNLIGHT in just minutes, reveals ‘striking’ study by US Department of Homeland Security – and officials say transmission of the killer virus WILL decrease in summer(4/24)

出典元:METRO:US government says Covid-19 lives for just 2 minutes on sunny surfaces above 21c (70f)(4/23)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top