Switch news

知っておきたい世界のニュース

「ネオワイズ彗星」国際宇宙ステーションから撮影された映像が美しい

「ネオワイズ彗星」国際宇宙ステーションから撮影された映像が美しい
YouTube/Seán Doran

現在、地球に接近している「ネオワイズ彗星」。この様子が国際宇宙ステーションからも撮影され、編集された動画が公開されている。

 

国際宇宙ステーションのカメラがとらえる

 

「ネオワイズ彗星」の正式名は「C/2020 F3」。今年の3月後半に「NEOWISE宇宙望遠鏡」によって確認されたという。

 

そして7月を通して、白い尾を引いた姿が肉眼でも観測できると言われている。

 

国際宇宙ステーションでは地球の様子を継続的に撮影しているのだが、7月5日に「ネオワイズ彗星」が現れる姿を撮影。それをSeán Doranさんが編集し、リアルタイム動画としてYouTubeで公開した。

 

そこには尾を引いた彗星の姿がクリアに映っていた。それがこちら。(動画では3分25秒付近から地平線上に彗星が姿を現す)

 

7月23日に地球に最接近

 

「ネオワイズ彗星」は、太陽系の離れた地点から飛来。現在、地球に接近しており、その姿がみられるのは、一生に一度のイベントだと言われている。

 

接近といっても地球から数百万マイルも離れており、7月23日には最接近し、6400万マイル(約1億キロ)の距離まで近づくという。

 

この彗星は日本からも見ることができ、現在は夜明け頃に北東の空に現れると言われている。双眼鏡を使えば、さらにはっきり観測できるとされ、今月の中旬からは夕方、北西の空で見ることができるそうだ。

 

現在、日本は梅雨時で空も雲りがちだが、晴れた日を狙って観測してみてはいかがだろうか。(了)

 

※日時や方角については、国立天文台のサイトを参考にしていただきたい。

 

出典元:MailOnline:Stunning video taken from the ISS shows the comet Neowise ‘over the Earth’ which can be seen with the naked eye from Earth throughout July(7/9)

出典元:朝日新聞:ネオワイズ彗星、夜明けの空に出現中 予想超える1等級(7/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top