Switch news

知っておきたい世界のニュース

シベリアで地下に眠るメタンが爆発、深さ50mの巨大な穴が発見される

シベリアで地下に眠るメタンが爆発、深さ50mの巨大な穴が発見される
Twitter/World of Engineering

ロシアで先日、巨大な穴が地面に開いているのが確認され、現在調査が進められている。

 

今回の見つかった穴は17個目

 

その穴は、今年の7月にテレビ局のクルーがシベリア北部、ヤマル半島の上空を飛行している時に偶然発見したという。

 

実はこのような穴は2014年以来、度々見つかっており、今回の穴も17番目とされるが、深さは約50mもあり、今までで最も大きなものになるそうだ。

 

陰謀論者の人々は、この穴が秘密兵器の実験で作られたと考えたり、隕石によるものと考えたりしているとか。

 

しかし科学者は、地表を覆った永久凍土が解け始め、「ピンゴ(またはハイドロラコリス」と呼ばれる氷で盛り上がった土の下に溜まったメタンガスが爆発して、この穴が作られたと考えている。

 

今年は気温が高かったシベリア

 

そもそもシベリアでは今年、記録的な暑さとなっており、5月には25.6℃を記録し、平均より4.4℃も上回ったという。

 

そして永久凍土の中に蓄積したメタンガスにより、表面にある「ピンゴ」が膨張し、やがて爆発によって氷や土壌が吹き飛ばされたと考えられている。

 

実際、この穴の中心から数百フィートも離れた場所に、氷や土壌が見つかっているそうだ。

 

Twitter/The Siberian Times

 

ロシア石油ガス調査研究所の科学者であるVasily Bogoyavlensky氏は、このような穴は気候変動やガス田の掘削などを含む、人間の生産活動の結果だと、以前から主張している。

 

しかもこの場所はロシアでも有数のガス田があり、Bogoyavlensky氏によれば、もし「ピンゴ」が人口の多い場所やガスのパイプラインがある場所で崩壊すれば、破滅的な結果になりうるという。

 

現在、研究者らは穴の3Dモデルなどを作り、さらなる調査を進めているそうだ。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Massive underground methane explosion leaves 165-foot-deep crater in Siberia after record summer temperatures causes gas to be released from thawing permafrost(9/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top