Switch news

知っておきたい世界のニュース

太平洋を調査していた科学者らが、珍しい透明なタコの撮影に成功

太平洋を調査していた科学者らが、珍しい透明なタコの撮影に成功
Schmidt Ocean Institute

太平洋を調査していた科学者らが、体が透明なタコを発見し、映像に収めることに成功した。

 

目玉や神経組織も透けて見える

 

このタコを発見したのは、非営利財団・シュミット海洋研究所の調査船「Falkor」に乗船していた研究者たちだ。

 

彼らは当時、太平洋のキリバス共和国内にあるフェニックス諸島周辺の海域において、3万平方キロメートルに及ぶ海底の地図を作成するために、34日間かけて調査をしていたという。

 

その時、体がほぼ透明な珍しい「ガラスタコ(Glass Octopus)」を発見した。そのタコは目玉や視神経、そして消化管なども透けて見えていたそうだ。それがこちら。

 

珍しい深海のサメも発見

 

今回の航海ではサンゴの研究も行われ、サンゴ礁が傷を負った時にどのような反応をするのかといった内容も含めた、大規模な調査を実施したという。

 

また研究者らは、透明なタコ以外にも、40フィート(約12m)まで成長する珍しい深海のジンベイザメも発見。ロボットカメラでの撮影にも成功した。

 

Schmidt Ocean Institute

 

さらに船上での調査を通して、研究者らは中央太平洋の深海では、最大規模の微生物の培養物を収集することに成功したそうだ。

 

調査に当たったボストン大学のRandi Rotjan博士は、次のように語っている。

 

「公海や米国の海で、未踏の海山における生物多様性を記録する手助けができたことは、非常に刺激的でした。国連の『持続可能な開発のための海洋科学の10年』の始まりである今こそ、すべての海洋景観を広く網羅した保護について考えるべきであり、私たちが収集した地図や映像、データが、新しい公海保護区をめぐる意思決定において、政策や管理に役立つことを期待しています」(了)

 

出典元:METRO:Rare glass octopus captured on film for the first time(7/9)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top