Switch news

知っておきたい世界のニュース

555本の歯をもつ魚、1日に20本の歯が抜けていたと判明

555本の歯をもつ魚、1日に20本の歯が抜けていたと判明
flickr_Oregon Department of Fish & Wildlife

非常に多くの歯を持つ魚についての研究が行われ、驚くような研究結果がもたらされた。

 

北太平洋に生息する「キンムツ」

 

その魚とは、カサゴ目の「キンムツ(Pacific lingcod・学名:Ophiodon elongatus)」だ。主に北太平洋に生息し、成魚になると大きさは50cm、中には1.5mまで成長するものもいるという。

 

この魚の口の中は、あらゆる骨の表面が歯で覆われているとも言われ、切歯、臼歯、犬歯の代わりに、約555本もの鋭く微小な歯が生えているそうだ。

 

しかし最新の研究では、この魚の歯が毎日、驚異的なペースで抜けていることが明らかにされた。

 

水槽に20匹を入れて観察

 

この研究を行ったのはアメリカ、ワシントン大学や南フロリダ大学などの研究者たちだ。

 

彼らは、ワシントン州の街、フライデーハーバーにあるワシントン大学の実験室の水槽において、20匹の「キンムツ」を飼育して観察を続けたという。

 

しかし「キンムツ」の歯は非常に小さいため、水槽の底に貯まる歯を見つけるのは容易なことではない。

 

歯を赤や緑の蛍光色に染めて数える

 

このため研究者たちは、まず薄めた赤い蛍光色の染料を入れた水槽にアイナメを入れ、歯を赤く染めたという。

 

10日後、今度は緑色の蛍光色を放つ水槽に入れて、歯を緑色に染めるようにしたそうだ。

 

 

さらに、研究者たちは暗い実験室の中で顕微鏡を使い、アイナメの口の中にあるすべての歯骨のうち、赤い歯と緑の歯の割合を計算したという。赤い歯は最初の染料に染まった古い歯であり、緑色の歯は新しく入れ替わった歯となる。

 

その結果、20匹の魚の歯を合計すると、1万本以上となり、1日に平均で約20本抜けていることが明らかとなった。

 

 

また下咽頭部の顎の部分では、口の他の部分よりも歯の交換率が高いことが分かったという。

 

もっともなぜ、このように大量に早く歯が抜けるのかは分かっていない。研究者は、この原因について、さらに調査したいと考えている。(了)

 

出典元:Livescience:This fish has 555 teeth … and it loses 20 every day(11/16)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top