Switch news

World News Odyssey

批判

Tagged

Pickup

セリーナ・ウィリアムズの風刺画に批判殺到、人種差別的だとして有名人も非難

セリーナ・ウィリアムズの風刺画に批判殺到、人種差別的だとして有名人も非難

先日、USオープンテニスの決勝戦で大坂なおみ選手(20)が優勝したが、審判に抗議するセリーナ・ウィリアムズ選手(36)を描いた風刺画がネットで広まり、批判を浴びている。 オーストラリアの新聞に掲載 その風刺画を描いたのはMark Knight氏。彼はオーストラリアの新聞「Herald Sun」におい...
レバノンで女性の「ショートパンツ・ポリス」が登場、両派から批判を浴びる

レバノンで女性の「ショートパンツ・ポリス」が登場、両派から批判を浴びる

中東レバノンのある街で、女性警察官がショートパンツを履いた姿で人々の前に現れ、物議をかもしている。 市長は観光客を呼び込むためと主張 その街とは首都ベイルートから、10マイル(約16km)離れた郊外にある「Brummana」。 街のPierre Achkar市長は海外からの観光客を呼び込む...
トランプ政権への抗議が目的か?自由の女神の足元に登った女性が確保される

トランプ政権への抗議が目的か?自由の女神の足元に登った女性が確保される

7月4日はアメリカの独立記念日だが、その日に女性が自由の女神像に登るという出来事が起きた。 Tシャツに「立ち上がれ、抵抗せよ」 その女性とは、Therese Patricia Okoumouさん。彼女は7月4日、自由の女神像の土台から登り、ちょうど右足の部分に約3時間も座り続けていたという。&nbs...
マレーシアで11歳の少女と41歳の男性が結婚、児童婚を巡る問題が議論に

マレーシアで11歳の少女と41歳の男性が結婚、児童婚を巡る問題が議論に

マレーシア人の41歳の男性が11歳のタイ人の少女と結婚したとして、物議をかもしている。 男性にはすでに2人の妻と6人の子供 BBCによれば、11歳の少女の両親はタイ人で、マレーシア北東部のクランタン州にあるゴム農園で働いており、貧しい暮らしをしているという。 一方、マレーシア人の花婿は貿易...
無抵抗で座っていた黒人男性に、警察官が背後からテーザー銃を発砲し問題に

無抵抗で座っていた黒人男性に、警察官が背後からテーザー銃を発砲し問題に

アメリカで無抵抗な黒人男性が、警察官からテーザー銃(肌に刺すスタンガン)で撃たれる場面が撮影され、問題となっている。 警察官が背後からテーザー銃を発砲 その事件が起きたのは6月28日(現地時間)、場所はペンシルベニア州、ランカスター市の路上とされている。 問題の映像はその場にいた目撃者が撮...
米国の風刺画家、トランプ大統領の絵を描いたことが原因で解雇され物議に

米国の風刺画家、トランプ大統領の絵を描いたことが原因で解雇され物議に

米国ペンシルバニア州の新聞「Pittsburgh Post-Gazette」で25年間勤務した風刺画家が、トランプ大統領の風刺画を描いたがために解雇されたとして訴え、物議を醸している。 25年もの勤務の中で突然訪れた変化 トランプ大統領の風刺画を描いたために社を解雇されたと訴えるのは、Rob Rog...
仏マクロン大統領、640万円分もの高級食器を購入し批判に晒される

仏マクロン大統領、640万円分もの高級食器を購入し批判に晒される

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が、高級ディナープレート購入に5万ユーロ、日本円にして640万円もの大金をつぎ込み、批判に晒されている。 総額は6400万円? マクロン大統領が今回購入したのは、ディナープレートなどの1200もの食器皿。 それらの食器は、フランス人アーティストEvar...
あぁ、世界遺産の古代の城が!アートとして黄色く塗られた姿に地元民も愕然

あぁ、世界遺産の古代の城が!アートとして黄色く塗られた姿に地元民も愕然

フランスにある世界遺産の城に、アート作品の一環として黄色いサークルが描かれたとして物議を醸している。 人気を博すも地元の人々は反発 その城とはフランス南西部にある「カルカソンヌ城壁」。これは約4世紀頃のガロ=ローマン期(ローマによるガリア支配の時期)に建てられた「歴史的城塞都市カルカソンヌ」の一部で...
なぜ?卒業パーティでチャイナ服を着た女子高生に厳しい意見が寄せられる

なぜ?卒業パーティでチャイナ服を着た女子高生に厳しい意見が寄せられる

アメリカで高校生活の最後を飾る“プロムパーティ”。女性がこの日のために用意したドレスを着て、タキシード姿の男性と一緒に参加する卒業パーティだ。 米ユタ州在住の18歳のKeziah Daumさんは、この日のドレスに赤いチャイナ服をチョイス。セクシーすぎず、美しいこのドレス姿を4月23日にTwitterへ投稿した...
ドイツで初の“ビーガン幼稚園”を計画、注目を集めるも虐待との批判も

ドイツで初の“ビーガン幼稚園”を計画、注目を集めるも虐待との批判も

ドイツに初の“ビーガン幼稚園”が誕生するとして注目を集めている。 幼稚園ではビーガンの食事のみを提供 今年8月、ドイツ初の“ビーガン幼稚園”としてフランクフルトに誕生する予定となっているのは、「Mokita Kindergarten」。 この幼稚園では、園児に動物由来の食材を一切使用しない...
【フロリダ銃乱射事件】全米ライフル協会の副会長がスピーチ、マスコミや野党を批判

【フロリダ銃乱射事件】全米ライフル協会の副会長がスピーチ、マスコミや野党を批判

フロリダの高校で銃乱射事件が起きてから、初めて全米ライフル協会の副会長がスピーチを行い銃規制について語った。 民主党員やマスコミを批判 全米ライフル協会(NRA)とはアメリカでも有力なロビー団体の1つとされ、献金を通し多くの政治家に影響力を行使してきたとされている。その実質的リーダーであるWayne...
独自動車メーカー出資の研究グループが、排気ガスのテストで人体実験、サルも利用

独自動車メーカー出資の研究グループが、排気ガスのテストで人体実験、サルも利用

ドイツの自動車メーカー3社が委託した研究グループが、排気ガスの実験の際に人間やサルに吸引させていたことが明らかとなり、批判を浴びている。 「倫理的に正当化できない」 英紙Telegraphによれば、フォルクス・ワーゲンやBMW、ダイムラーから出資を受けた研究グループ「運輸部門における環境と健康のヨー...
不可解なサルの大量死、インドで12匹が折り重なり倒れているのが発見される

不可解なサルの大量死、インドで12匹が折り重なり倒れているのが発見される

インドの森で多くのサルが死んでいるのが発見され、死亡した原因について議論が起きている。 一箇所に折り重なり倒れていた 死んだサルが見つかったのは、インド北部のウッタル・プラデーシュ州にあるLakhimpur Kheriという街とされている。 森林局の作業員が9月4日に森へ入ったところ、12...
Return Top