Switch news

その差わずか2m、巨大な客船が狭い運河を通過する動画がスリル満点

その差わずか2m、巨大な客船が狭い運河を通過する動画がスリル満点

ギリシャで豪華客船が、非常に狭い運河を通り抜ける、驚くような動画が公開されている。

 

横幅22m、長さ196mの豪華客船

 

その客船とは、イギリスを拠点にする企業「Fred. Olsen Cruise Lines」が所有する「MS Braemar」。

 

横幅は22m、長さが196mもあり、1200名の乗客と乗員を乗せて航海を続けてきた豪華クルーズ船だ。

 

この巨大な船が10月9日、ギリシャにあるコリントス運河を通過。その様子は動画でも撮影され、SNSにおいて公開されている。それがこちら。

 

最も狭い場所は24mしかない

 

このコリントス運河は1880年から1893年の間に作られ、ギリシャの本土と南部の半島とを隔て、逆にコリントス湾とサロニコス湾をつなぐ役割を果たしているという。

 

そして船はこの運河を通過することで、エーゲ海へ抜けて航海を続けることができるとか。

 

しかし運河の横幅は最も狭い箇所で24mしかない。このため「MS Braemar」もタグボートで引っ張られているが、それでもギリギリの状態で約6.3kmの距離を通過していったことになる。

 

YouTube/Fred. Olsen Cruise Lines

 

乗客の多くもその瞬間を味わおうとデッキに姿を現し、スリルを楽しんだとか。「Fred. Olsen Cruise Lines」のClare Ward氏は次のように語っている。

 

「これは興奮するような航海です。またわが社の171年の歴史の中でも、素晴らしい画期的な出来事です。私たちはお客様とこれをシェア出来ると思い、ワクワクしています」(了)

 

 

出典元:MailOnline:Breathe in! Biggest cruise ship to ever squeeze through tiny Corinth Canal in Greece makes it with just 3ft to spare on each side(10/11)

Return Top