Switch news

知っておきたい世界のニュース

「リアル・ライトセーバー」か?ユーチューバーがそっくりな炎の剣を開発

「リアル・ライトセーバー」か?ユーチューバーがそっくりな炎の剣を開発
YouTube/the Hacksmith

エンジニア兼ユーチューバーのある男性が、映画『スターウォーズ』に出てくる「ライトセーバー」そっくりな剣を作り上げた。

 

摂氏2200度で燃焼する剣

 

その男性とは、カナダに住んでいるJames Hobsonさんだ。

 

そもそも映画での設定では、「ライトセーバー」はプラズマの刃となっており、何らかの物体に接触した時にのみ膨大な熱エネルギーを放出し、その物体を切断するとなっている。

 

そしてHobsonさんは友人のDave BonhoffさんやIan Hillierさん、Darryl Sherkさんと共に、プラズマをベースとした剣を制作。見た目が「ライトセーバー」そっくりのものを作り上げた。

 

これはライトセーバーというより、摂氏2200度で燃焼する剣で、コマンドに応じて伸びたり縮んだりして、格納までできるが、映画のように物体を一瞬で切ることはできない。

 

ただ、それでも時間をかけて鋼などを切断できるという。

 

YouTube/the Hacksmith
YouTube/the Hacksmith
YouTube/the Hacksmith
YouTube/the Hacksmith

液化石油ガスと酸素を使用

 

Hobsonさんによればこの剣には、液化石油ガスと酸素とを使用。それらの組み合わさったものが「層流ノズル」に送られ、層流を介して液体がスムーズに流れ、過熱プラズマに変わるという。

 

またこれは電源として、高エネルギーのガスの流れを制御できる回路を備えた、特注のバックパックに接続されている。

 

これらのテストと微調整を繰り返し、ライトセーバーのビームと同じ直径と長さのプラズマジェットを放出できたそうだ。

 

YouTube/the Hacksmith
YouTube/the Hacksmith

 

また混合物に化学物質を追加することで、さまざまな色を作ることができるらしい。実際に、塩化ナトリウム(食卓塩)を加えるとビームが黄色に変色。

 

ホウ酸は緑色になり、塩化ストロンチウムは赤くなり、さらに塩化カルシウムを加えると琥珀色の強さが増すという。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Engineer creates the world’s first real-life retractable ‘Star Wars’ lightsaber that burns at over 4,000°F and can slice through METAL(10/12)

出典元:NYPost:YouTuber creates real-life ‘Star Wars’ lightsaber that slices steel(10/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top